MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【比較表】シャープとパナソニックの加湿器を徹底比較!【どっちの性能が良い?】

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_加湿器(シャープ、パナソニック)

高性能な加湿器を販売しているメーカーと言えば「シャープ」と「パナソニック」が有名です。

ただ、似たような製品が多く「どっちの加湿器が良いか?」「どのような特徴があるか?」が分かりづらいかと思います。

そこで今回は、「シャープ」と「パナソニック」の加湿器を比較表(容量別)で性能比較していきます。

「シャープ」と「パナソニック」どちらの加湿器にするか迷っている方に、本記事が役に立ちましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「シャープ」と「パナソニック」どちらの加湿器を購入するか迷っている方
  • 「シャープ」と「パナソニック」の加湿器を比較表で確認したい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「シャープ」と「パナソニック」どちらの加湿器を購入するか迷っている方
  • 「シャープ」と「パナソニック」の加湿器を比較表で確認したい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

加湿器の種類(シャープ・パナソニック)

「シャープ」と「パナソニック」の加湿器を比較する前に、加湿器の種類を把握する必要があります。

加湿器は加湿方法により、主に4つの種類に分けられます。

「シャープ」は「ハイブリット式」と「気化式」「パナソニック」は「気化式」の加湿器のみを販売しており、特長に違いがあります。

気化式ハイブリット式
(スチーム式+気化式)
スチーム式超音波式

気化式_挿入画像
水を含んだフィルタに
風をあてて
加湿

ハイブリット式(気化式+スチーム式)_挿入画像
水を含んだフィルタに
温風をあてて
加湿
スチーム式_挿入画像
水を加熱して
水蒸気で加湿
超音波式_挿入画像
水に振動を与えて
ミスト放出で加湿
加湿力
電気代
運転音
ファンの音あり

ファンの音あり
吹出口温度
送風のみ

沸騰させるため高温
衛生面
沸騰するので衛生的

雑菌予防で清掃が必須
加湿器の種類
スクロールできます
気化式ハイブリット
(スチーム式
+気化式)
スチーム式超音波式

気化式_挿入画像
水を含んだフィルタ
に風をあてて
加湿

ハイブリット式(気化式+スチーム式)_挿入画像
水を含んだフィルタ
に温風をあてて
加湿
スチーム式_挿入画像
水を加熱して
水蒸気で加湿
超音波式_挿入画像
水に振動を与えて
ミスト放出で加湿
加湿力
電気代
運転音
ファンの音あり

ファンの音あり
吹出口温度
送風のみ

沸騰により高温
衛生面
沸騰により衛生的

雑菌予防で清掃必須
加湿器の種類

結論

結論、「パナソニック」の加湿器の方が性能面は優れています。

「パナソニック」の加湿器で最も魅力的な点は「電気代」「掃除頻度」「パーツの交換頻度」です。

上記3点は「シャープ」よりも優れており、長期間使用することで非常にメリットがあります。

ただ、「シャープ」は「プラズマクラスター」を搭載しているため、静電気抑制も併せて行いたい方には「シャープ」の加湿器がおすすめです。

※ 参考:プラズマクラスターとナノイーの比較

製品毎の詳細は、後述の比較表で比較していますので、そちらを見てご検討ください。

シャープ項目パナソニック
基本性能
(加湿量調整、運転音など)
電気代

タンク or 上部給水
給水方法
タンク入替のみ

1回/2週間
フィルター掃除
1回/1カ月

Ag+カートリッジ:1年
加湿フィルター:4年
パーツの交換頻度
加湿フィルター:10年
プラズマクラスター搭載イオンナノイー
シャープ・パナソニック 加湿器比較(サマリ)
シャープ項目パナソニック
基本性能
電気代

タンク or 上部給水
給水方法
タンク入替のみ

1回/2週間
フィルター掃除
1回/1カ月

Ag+カートリッジ:1年
加湿フィルター:4年
パーツの交換
加湿フィルター:10年
プラズマクラスター搭載イオンナノイー
シャープ・パナソニック 加湿器比較(サマリ)

加湿器の比較 最新6選(シャープ・パナソニック)

「シャープ」と「パナソニック」で、2023年発売の全ての加湿器を3つの容量別(~8畳・~15畳・~21畳)で比較します。

※「~8畳」は2023年製がないため、2021年以降の発売の製品

適用床面積が30畳以上の大容量モデルは「シャープ」と「パナソニック」で同等の容量がないため、対象外としています。

加湿器は性能(電気代、運転音、加湿機能など)を数字で見て比較することは非常に重要なため、是非比較表を参考にご活用ください。

  1. 比較表(床面積:~8畳)
  2. 比較表(床面積:~15畳)
  3. 比較表(床面積:~21畳)
  1. 比較表(床面積:~8畳)
  2. 比較表(床面積:~15畳)
  3. 比較表(床面積:21畳)

加湿器 比較表(床面積:~8畳)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月7日時点

2.2021年以降発売の製品が対象

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月7日時点

2.2021年以降発売の製品が対象

製品HV-R30
HV-R30
出典:SHARP
FE-KFU03
FE-KFU03
出典:Panasonic
メーカーSHARPPanasonic
発売日2022年9月2021年9月
加湿方式気化式気化式
適用床面積8畳8畳
定格加湿量290mL/h300mL/h
給水方法タンクタンク
基本性能
電気代(約)
※8時間運転/日
70円/月80円/月
運転音22~38db20~34db
タイマー切:2/4時間切:2/4時間
入:6/8時間
加湿性能
加湿量調整2段階+自動2段階+自動
連続加湿時間8.2時間7時間
湿度表示
搭載イオン‎プラズマクラスター7000
その他
フィルター掃除頻度1回/2週1回/月
パーツ交換頻度Ag+カートリッジ(1年)
加湿フィルター(4年)
加湿フィルター(10年)
評価(Amazon)
※24/2/7時点
星4.4
星4.4
価格(約)
※24/2/7時点
12,300円21,400円
詳細



加湿器 比較表(床面積:~8畳)
製品HV-R30
HV-R30
出典:SHARP
FE-KFU03
FE-KFU03
出典:Panasonic
メーカーSHARPPanasonic
発売日2022年9月2021年9月
加湿方式気化式気化式
適用床面積‎8畳‎8畳
定格加湿量290mL/h300mL/h
給水方法タンクタンク
基本性能
電気代(約)
※8時間運転/日
70円/月80円/月
運転音22~38db20~34db
タイマー切:2/4時間切:2/4時間
入:6/8時間
加湿性能
加湿量調整2段階+自動2段階+自動
連続加湿時間8.2時間7時間
湿度表示
搭載イオン‎プラズマクラスター7000
その他
フィルター掃除1回/2週1回/月
パーツ交換Ag+カートリッジ(1年)
加湿フィルター(4年)
加湿フィルター(10年)
評価
(Amazon)
星4.4
星4.4
価格(約)12,300円21,400円
詳細



加湿器 比較表(床面積:~8畳)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

加湿器 比較表(床面積:~15畳)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月7日時点

2.2023年発売の新製品が対象

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月7日時点

2.2023年発売の新製品が対象

製品HV-S55
HV-S55
出典:SHARP
FE-KXW05
FE-KXW05
出典:Panasonic
メーカーSHARPPanasonic
発売日2023年9月2023年9月
加湿方式ハイブリット式気化式
適用床面積15畳14畳
定格加湿量550mL/h500mL/h
給水方法タンク or 上部給水タンク
基本性能
電気代(約)
※8時間運転/日
1,410円/月60円/月
運転音23~37db15~36db
タイマー切:2/6時間切:2/4/6/時間
加湿性能
加湿量調整3段階+自動5段階+自動
連続加湿時間7.2時間8.4時間
湿度表示
搭載イオン‎プラズマクラスター7000‎ナノイー
その他
フィルター掃除頻度1回/2週1回/月
パーツ交換頻度Ag+カートリッジ(1年)
加湿フィルター(4年)
加湿フィルター(10年)
評価(Amazon)
※24/2/7時点
星4.8
価格(約)
※24/2/7時点
22,800円24,500円
詳細



加湿器 比較表(床面積:~15畳)
製品HV-S55
HV-S55
出典:SHARP
FE-KXW05
FE-KXW05
出典:Panasonic
メーカーSHARPPanasonic
発売日2023年9月2023年9月
加湿方式ハイブリット式気化式
適用床面積‎15畳‎14畳
定格加湿量550mL/h500mL/h
給水方法タンク or 上部給水タンク
基本性能
電気代(約)
※8時間運転/日
1,410円/月60円/月
運転音23~37db15~36db
タイマー切:2/6時間切:2/4/6/時間
加湿性能
加湿量調整3段階+自動5段階+自動
連続加湿時間7.2時間8.4時間
湿度表示
搭載イオン‎プラズマクラスター7000‎ナノイー
その他
フィルター掃除1回/2週1回/月
パーツ交換Ag+カートリッジ(1年)
加湿フィルター(4年)
加湿フィルター(10年)
評価
(Amazon)
星4.8
価格(約)22,800円24,500円
詳細



加湿器 比較表(床面積:~15畳)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

加湿器 比較表(床面積:~21畳)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月7日時点

2.2023年発売の新製品が対象

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月7日時点

2.2023年発売の新製品が対象

製品HV-S55
HV-S75
出典:SHARP
FE-KXW05
FE-KXW07
出典:Panasonic
メーカーSHARPPanasonic
発売日2023年9月2023年9月
加湿方式ハイブリット式気化式
適用床面積21畳19畳
定格加湿量750mL/h700mL/h
給水方法タンク or 上部給水タンク
基本性能
電気代(約)
※8時間運転/日
2,490円/月100円/月
運転音23~41db15~39db
タイマー切:2/6時間切:2/4/6/時間
加湿性能
加湿量調整3段階+自動5段階+自動
連続運転可能時間5.3時間6時間
湿度表示
搭載イオン‎プラズマクラスター7000‎ナノイー
その他
フィルター掃除頻度1回/2週1回/月
パーツ交換頻度Ag+カートリッジ(1年)
加湿フィルター(4年)
加湿フィルター(10年)
評価(Amazon)
※24/2/7時点
星4.0
価格(約)
※24/2/7時点
26,400円26,300円
詳細



加湿器 比較表(床面積:~21畳)
製品HV-S55
HV-S75
出典:SHARP
FE-KXW05
FE-KXW07
出典:Panasonic
メーカーSHARPPanasonic
発売日2023年9月2023年9月
加湿方式ハイブリット式気化式
適用床面積‎21畳‎19畳
定格加湿量750mL/h700mL/h
給水方法タンク or 上部給水タンク
基本性能
電気代(約)
※8時間運転/日
2,490円/月100円/月
運転音23~41db15~39db
タイマー切:2/6時間切:2/4/6/時間
加湿性能
加湿量調整3段階+自動5段階+自動
連続運転可時間5.3時間6時間
湿度表示
搭載イオン‎プラズマクラスター7000‎ナノイー
その他
フィルター掃除1回/2週1回/月
パーツ交換Ag+カートリッジ(1年)
加湿フィルター(4年)
加湿フィルター(10年)
評価
(Amazon)
星4.0
価格(約)26,400円26,300円
詳細



加湿器 比較表(床面積:~21畳)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

「プラズマクラスター」と「ナノイー」の比較

技術の内容はどちらも複雑な技術のため、メーカーのHPを確認してみてください。

※プラズマクラスター|シャープ

※ナノイーX | Panasonic

ここでは「プラズマクラスター」と「ナノイー」の訴求されている効果について比較します。

一番の違いは「美肌効果」と「静電気抑制」です。

その他は技術に違いはあるものの、一定の効果はあるとされています。

プラズマクラスター項目   ナノイー   
埃/アレル物質
菌/ウイルス
ニオイ
静電気抑制
美肌効果
プラズマクラスター・ナノイー比較
プラズマ
クラスター
項目ナノイー
埃/アレル物質
菌/ウイルス
ニオイ
静電気抑制
美肌/美髪効果
プラズマクラスター・ナノイー比較

加湿量(適用床面積)の選び方

加湿器は「機能性」「電気代」「お手入れ頻度」など、確認すべき性能が多いですが、その中でも「加湿量(適用床面積)」は最も大事な項目です。

加湿量(適用床面積)は、加湿する部屋の1.5倍程度の製品を選ぶことをおすすめします。

加湿する部屋と同じ床面積の製品の場合、湿度は勿論上がっていきますが、上がるスピードが遅くなってしまいます。

ストレスなく加湿するためにも、少し大きな容量の加湿器を選ぶことをおすすめします。

まとめ

今回は、「シャープ」と「パナソニック」の加湿器の性能(電気代、運転音、お手入れ頻度など)を比較してランキング形式にしました!

製品により差はありますが、「パナソニック」の加湿器の方が全体的に性能が優れています。

プラズマクラスターの効果が欲しいなどの要件がなければ、パナソニックの加湿器で間違いないかと思います。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_加湿器(シャープ、パナソニック)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次