MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【象印 vs タイガー】電気ケトルの性能を比較表で徹底比較!<どっちの性能が良い?>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_電気ケトル(象印_タイガー)

日本メーカーの電気ケトルで高品質な製品と言えば、「象印」と「タイガー」が有名です。

ただ、似たような製品が多く、「どっちの電気ケトル良いか?」「どのような特徴があるか?」が分かりづらいかと思います。

そこで今回は、「象印」と「タイガー」の電気ケトルを、分かりやすく比較表(容量別)で性能比較をしています。

「象印」と「タイガー」どちらの電気ケトルにするか迷っている方に、本記事が役に立ちましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「象印」と「タイガー」どちらの電気ケトルを購入するか迷っている方
  • 「象印」と「タイガーの電気ケトルを比較表で確認したい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「象印」と「タイガー」どちらの電気ケトルを購入するか迷っている方
  • 「象印」と「タイガー」の電気ケトルを比較表で確認したい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(電気ケトル 象印とタイガーどっちが良い?)

結論、「象印」と「タイガー」の電気ケトルは、性能に大きな差はないため、製品毎に比較することがおすすめです。

ただ、「沸騰スピード」は「タイガー」の方がやや優れているため、沸騰時間を気にする方は「タイガー」をおすすめします。

「タイガー」の一番の強みは、業界トップの沸騰スピードです。 独自のヒーター技術で、沸騰時間を短縮しています。

製品毎の詳細は、後述の比較表で比較していますので、そちらを見てご検討ください。

 象印 項目タイガー
沸騰スピード
電気代
(省エネ性能)
安全性能
(2重構造、蒸気レスなど)
価格
象印・タイガー比較(サマリ)
 象印 項目タイガー
沸騰時間
電気代
(省エネ性能)
安全性能
(2重構造、蒸気レス等)
価格
象印・タイガー比較(サマリ)

電気ケトルの比較(象印・タイガー)【通常モデル】

「象印」と「タイガー」で、ホームページに掲載している全ての電気ケトルを、以下5つの容量別と種類別で比較していきます。

電気ケトルは性能を見て比較することが非常に重要なため、是非、比較表を参考にご活用ください。

  1. 比較表(容量:0.6L)へのリンク
  2. 比較表(容量:0.8L)へのリンク
  3. 比較表(容量:1.0L)へのリンク
  4. 比較表(容量:1.2L)へのリンク
  5. 比較表(温度調整・保温可能)へのリンク
  1. 比較表(容量:0.6L)へのリンク
  2. 比較表(容量:0.8L)へのリンク
  3. 比較表(容量:1.0L)へのリンク
  4. 比較表(容量:1.2L)へのリンク
  5. 比較表(温度調整・保温可能)へのリンク

象印・タイガー 電気ケトル 性能比較(容量:0.6L)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(HPに掲載の製品が対象)

※タップで比較表をズーム

製品CK-SA06
CK-SA06
出典:象印
PCK-T060
‎PCK-T060
出典:TIGER
PCM-A061
PCM-A061
出典:TIGER
ランキングランキング1位ランキング1位ランキング3位
相対評価
(○-△の数)
星2.0
評価星2
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
メーカー象印TIGERTIGER
発売日2023年10月2023年6月2022年8月
電気代(約)2.0円/0.6L2.0円/0.6L2.0円/0.6L
基本性能
沸騰時間(約)60秒(140ml)
180秒(0.6L)
45秒(140ml)
180秒(0.6L)
60秒(140ml)
180秒(0.6L)
保温機能
温度設定
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※本体が熱くなりにくい
その他
抗菌加工
評価(Amazon)
※24/4/12時点
星4.3
価格(約)
※24/4/12時点
5,400円10,800円3,800円
詳細





象印タイガー 電気ケトル 比較(容量:0.6L)
【象印 vs タイガー】電気ケトル(比較表)_0.6L_通常モデル_Ve2
aa詳細
象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:0.6L)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

象印・タイガー 電気ケトル 性能比較(容量:0.8L)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(HPに掲載の製品が対象)

※タップで比較表をズーム

製品PCJ-A082
PCJ-A082
出典:TIGER
象印_CK-SA08
CK-SA08
出典:象印
PCM-A081
PCM-A081
出典:TIGER
CK-DA08
CK-DB08
出典:象印
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
メーカーTIGERTIGERTIGER象印
発売日2022年8月2023年10月2022年8月2023年2月
電気代(約)2.7円/0.8L2.7円/0.8L2.7円/0.8L2.7円/0.8L
基本性能
沸騰時間(約)45秒(140ml)
240秒(0.8L)
60秒(140ml)
240秒(0.8L)
60秒(140ml)
240秒(0.8L)
60秒(140ml)
240秒(0.8L)
保温機能
温度設定
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※本体が熱くなりにくい
その他
抗菌加工
評価(Amazon)
※24/4/12時点
星4.4
価格(約)
※24/4/12時点
6,200円6,200円4,400円4,600円
詳細







象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:0.8L)
【象印 vs タイガー】電気ケトル(比較表)_0.8L_通常モデル_Ver2
a詳細
象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:0.8L)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

象印・タイガー 電気ケトル 性能比較(容量:1.0L)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(HPに掲載の製品が対象)

※タップで比較表をズーム

製品PCJ-A102
PCJ-A102
出典:TIGER
CK-DB10
‎CK-DB10
出典:象印
PCL-A101
PCL-A101
出典TIGER
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
メーカーTIGER象印TIGER
発売日2022年8月2023年2月2022年8月
電気代(約)3.3円/1.0L3.3円/1.0L3.3円/1.0L
基本性能
沸騰時間(約)45秒(140ml)
300秒(1.0L)
60秒(140ml)
300秒(1.0L)
60秒(140ml)
300秒(1.0L)
保温機能
温度設定
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※本体が熱くなりにくい
その他
抗菌加工
評価(Amazon)
※24/4/12時点
星4.3
価格(約)
※24/4/12時点
5,600円5,000円4,700円
詳細





象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:1.0L)
【象印 vs タイガー】電気ケトル(比較表)_1.0L_通常モデル_Ver2
aa詳細
象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:1.0L)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

象印・タイガー 電気ケトル 性能比較(容量:1.2L)

※「容量:1.2L」は2台のみ(大きな性能差なし)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(HPに掲載の製品が対象)

製品PCL-A121
PCL-A121
出典:TIGER
CK-VA12
CK-VA12
出典:象印
メーカーTIGER象印
発売日2022年8月2022年9月
電気代(約)3.9円(1.2L)3.9円(1.2L)
基本性能
沸騰時間(約)60秒(140ml)
360秒(1.2L)
60秒(140ml)
360秒(1.2L)
保温機能
温度設定
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※本体が熱くなりにくい
その他
抗菌加工
評価(Amazon)
※24/4/12時点
星4.2
価格(約)
※24/4/12時点
5,300円5,000円
詳細


象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:1.2L)
製品PCL-A121
PCL-A121
出典:TIGER
CK-VA12
CK-VA12
出典:象印
メーカーTIGER象印
発売日2022年8月2022年9月
電気代(約)3.9円(1.2L)3.9円(1.2L)
基本性能
沸騰時間(約)60秒(140ml)
360秒(1.2L)
60秒(140ml)
360秒(1.2L)
保温機能
温度設定
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※熱くなりにくい
その他
抗菌加工
評価(Amazon)星4.2
価格(約)5,300円5,000円
詳細



象印 タイガー 電気ケトル 比較(容量:1.2L)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

電気ケトルの比較(象印・タイガー)【温度調整・保温モデル】

「象印」と「タイガー」の温度調整・保温可能モデルは、以下表の3台のみです。

飲み物に適切な温度(コーヒー:90℃・ミルク70℃など)で淹れたい方におすすめの電気ケトルです。

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月12日時点

2.生産終了品は対象外(HPに掲載の製品が対象)

※タップで比較表をズーム

製品TIGER-PTQ-A100
PTQ-A100
出典:TIGER
CK-AX08
CK-AX08
出典:象印
ZOJIRUSHI-CK-AX10
CK-AX10
出典:象印
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
メーカーTIGER象印象印
発売日2022年3月2019年9月2019年9月
容量1.0L0.8L1.0L
基本性能
沸騰時間(約)45秒(140ml)
300秒(1.0L)
65秒(140ml)
240秒(0.8L)
65秒(140ml)
300秒(1.0L)
保温機能沸騰後60分間沸騰後60分間
温度設定6段階(50~100℃)
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※本体が熱くなりにくい
その他
抗菌加工
評価(Amazon)
※24/4/12時点
星4.1
星4.5
星4.5
価格(約)
※24/4/12時点
9,600円8,200円9,200円
詳細





象印 タイガー 電気ケトル 比較(温度調整・保温モデル)
【象印 vs タイガー】電気ケトル(比較表)_温度調整モデル_Ver2
aa詳細
象印 タイガー 電気ケトル 比較(温度調整・保温モデル)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

会社の比較(象印・タイガー)

参考に「象印」と「タイガー」の企業情報を比較していきます。

「象印」は、人気のオーブンレンジなど、魔法瓶以外の分野でも売上を伸ばしているので、売上高は「タイガー」よりも大きくなっています。

「タイガー」は魔法瓶技術に特化した製品で、売上を伸ばしています。

象印項目タイガー
象印マホービン株式会社会社名タイガー魔法瓶株式会社
1918年創業1923年
40億2,295万円資本金8千万円
776億円売上高(21年度)373億円
きょうを、だいじにキャッチコピー
・真空断熱ボトル
・電気ポット/ケトル
・キッチン家電 など
主な事業・真空断熱ボトル
・電気ポット/ケトル
・ジャー炊飯器 など
会社の比較(象印・タイガー)
象印項目タイガー
象印マホービン
株式会社
会社名タイガー魔法瓶
株式会社
1918年創業1923年
40億2,295万円資本金8千万円
約776億円売上高
(21年度)
約373億円
きょうを、だいじにキャッチコピー
・真空断熱ボトル
・電気ポット/ケトル
・キッチン家電 など
主な事業・真空断熱ボトル
・電気ポット/ケトル
・ジャー炊飯器 など
会社の比較(象印・タイガー)

まとめ

今回は、おすすめの「象印」と「タイガー」電気ケトルの性能を比較してランキング形式にしました!

製品毎に違いはあるものの、全体的に性能で見ると「タイガー」製品の方がやや優れています。

ただ、一番の違いは沸騰スピードくらいなので、デザインや好みの色がある電気ケトルを選ぶ方法でも、良いかと思います。

また、「象印」と「タイガー」は本当に高品質な電気ケトルしかなく、他で張り合えるのは「ティファール」くらいです。

ただ、「ティファール」は白ベースの色合いが多く、色のバリエーションが少なめなので、同等の性能を持つ「象印」と「タイガー」は非常におすすめです。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_電気ケトル(象印_タイガー)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次