MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
空調・季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
生活家電のアイコン
生活家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
パソコン周辺機器のアイコン
パソコン周辺機器

【比較表】PCK-A081とPCJ-A082の違いは何?<電気ケトルを徹底比較>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_PCK-A081 PCJ-A082

タイガーの蒸気レス電気ケトルは「PCK-A081」と「PCJ-A082」が有名です。

ただ、沸騰時間や安全性能など、どのような違いがあるか分かりづらいかと思います。

そこで今回は、タイガーの電気ケトル「PCK-A081」と「PCJ-A082」の違い(性能、機能など)を比較表で比較していきます。

本記事で「PCK-A081」と「PCJ-A082」の違いが明確になりましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「PCK-A081」とPCJ-A082」どちらを購入するか迷っている方
  • PCK-A081」とPCJ-A082の性能を比較表で確認したい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「PCK-A081」とPCJ-A082」どちらを購入するか迷っている方
  • PCK-A081」とPCJ-A082の性能を比較表で確認したい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(PCK-A081とPCJ-A082の違い)

結論、「‎PCK-A081」と「PCJ-A082」の違いは5点「寸法」「重さ」「本体の質感」「目盛付き窓」「抗菌加工」です。

一番の違いとして「‎PCK-A081」は、取っ手にAG+抗菌加工がされていますが、「PCJ-A082」はされていません。

それを踏まえ「PCK-A081」の方が価格がやや高く設定されています。

製品の詳細比較は、後述していますので、そちらを見てご検討ください。

‎PCK-A081項目PCJ-A082
PCK-A081
出典:TIGER
PCJ-A082
出典:TIGER
16×25×22cm寸法
 (幅×奥行×高さ) 
15×22×18cm
1.1kg重さ0.9kg
マット本体の質感光沢感
なし目盛付き窓あり
あり抗菌加工なし
7,800円価格
※24/4/11時点
6,200円


詳細

‎PCK-A081とPCJ-A082の違い
‎PCK-A081項目PCJ-A082
PCK-A081
出典:TIGER
PCJ-A082
出典:TIGER
16×25×22cm寸法
(幅×奥行×高さ)
15×22×18cm
1.1kg重さ0.9kg
マット本体の質感光沢感
なし目盛付き窓あり
あり抗菌加工なし
7,800円価格
※24/4/11時点
6,200円


詳細

‎PCK-A081とPCJ-A082の違い

「PCK-A081」と「PCJ-A082」の性能比較・違い

「PCK-A081」と「PCJ-A082」の性能を共通項目も含めて比較表で確認していきます。

製品PCK-A081
‎PCK-A081
出典:TIGER
PCJ-A082
PCJ-A082
出典:TIGER
発売日2022年11月2022年8月
容量0.8L0.8L
幅×奥行×高さ(約)16×25×22cm15×22×18cm
重さ(約)1.1kg0.9kg
本体の質感マット光沢感
基本性能
沸騰時間(約)45秒(140ml)
240秒(0.8L)
45秒(140ml)
240秒(0.8L)
目盛付き窓
抗菌加工
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
2重構造
※本体が熱くなりにくい
評価(Amazon)
※24/4/11時点
価格(約)
※24/4/11時点
7,800円6,200円
詳細



比較表(PCK-A081・PCJ-A082)
製品PCK-A081
‎PCK-A081
出典:TIGER
PCJ-A082
PCJ-A082
出典:TIGER
発売日2022年11月2022年8月
容量0.8L0.8L
幅×奥行×高さ(約)16×25×22cm15×22×18cm
重さ(約)1.1kg0.9kg
本体の質感マット光沢感
基本性能
沸騰時間(約)45秒(140ml)
240秒(0.8L)
45秒(140ml)
240秒(0.8L)
目盛付き窓
抗菌加工
安全性能
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
本体2重構造
評価(Amazon)
※24/2/27時点
価格(約)
※24/2/27時点
7,800円6,200円
詳細



比較表(PCK-A081・PCJ-A082)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

「Tiger」以外でおすすめの電気ケトル

「タイガー」の電気ケトルは国内でトップクラスの性能ですが、その他で同等の性能を持つメーカーは「象印」です。

「象印」の電気ケトルは、全ての製品に「転倒湯漏れ防止機能」を付けているなど、安全性能に力を入れています。

一方「タイガー」の電気ケトルは、沸騰時間を短くする独自の構造となっており、電気ケトルで最速の沸騰スピードをほこります。

「タイガー」と「象印」どちらも特長のある電気ケトルが多数あるので、是非確認してみてください。

まとめ

今回はタイガーの電気ケトル「PCK-A081」と「PCJ-A082」の違いを比較しました!

最も大きな違いは「取っ手への抗菌加工の有無」です。

その他は外観に関する箇所なので、特に抗菌加工にこだわりがない方は、デザイン重視で決めても良いかと思います。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_PCK-A081 PCJ-A082

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次