MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【比較表】PIM-A300とPIM-G300の違いを徹底比較!<タイガー電気ポット>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_電気ポット(PIM-A300 vs PIM-G300)

タイガーは「PIM-A300」の後継である「PIM-G300」を2020年7月に発売しました。

そこで今回は、タイガーのハイエンド電気ポット「PIM-A300」と「PIM-G300」の外形と性能の違いを比較表で比較していきます。

本記事で「PIM-A300」と「PIM-G300」の違いが明確になりましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「PIM-A300」と「PIM-G300」の違いを確認したい方
  • 「PIM-A300」と「PIM-G300」の性能を比較表で確認したい方
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「PIM-A300」と「PIM-G300」の違いを確認したい方
  • 「PIM-A300」と「PIM-G300」の性能を比較表で確認したい方
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(PIM-A300とPIM-G300の違い)

結論、「PIM-A300」と「PIM-G300」の性能面の違いは、「重さ」「チャイルドロック」「バックライト水量計」の3点のみです。

その他、電気ポットで重要な「沸騰時間」や「電気代」に違いはありません。

「バックライト水量計」とは、水量計にオレンジ色のバックライトが搭載され見やすくなったものです。

「PIM-A300」は生産が終了しており、中古の販売しかないため、「PIG-M300」がおすすめです。

PIM-A300PIM-G300
PIM-A300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
2015年8月発売日2020年7月
3.5kg重さ(約)3.6kg
なしチャイルドロックあり
なしバックライト水量計あり
9,800円(中古)価格
※24/4/10時点
14,000円


詳細

‎PIM-A300とPIM-G300の違い
PIM-A300PIM-G300
PIM-A300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
2015年8月発売日2020年7月
3.5kg重さ(約)3.6kg
なしチャイルドロックあり
なしバックライト水量計あり
9,800円(中古)価格
※24/4/10時点
14,000円


詳細

‎PIM-A300とPIM-G300の違い

「PIM-A300」と「PIM-G300」の違い・比較(詳細)

「PIM-A300」と「PIM-G300」の違いを「性能」「容量」「本体色」の3つの点で詳細に比較をしていきます。

電気ポット 性能の比較

「PIM-A300」と「PIM-G300」の性能の違いを、共通項目を含めて比較表で比較します。

「重さ」「バックライト水量計」「チャイルドロック」の3つ以外の性能は全て同じです。

製品PIM-A300
PIM-A300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
PIM-G300
出典:TIGER
発売日2015年8月2020年7月
容量3.0L3.0L
重さ(約)3.5kg3.6kg
電気代(約)※7,900円/年7,900円/年
沸騰・保温性能
沸騰時間(満水)31分31分
保温98/90/80/70℃98/90/80/70℃
安全性能
チャイルドロック
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
その他
給湯量調整
給湯量表示
バックライト水量計
評価(Amazon)
※24/4/10時点
星4.4
星4.4
価格(約)
※24/4/10時点
9,800円(中古)14,000円
詳細



PIM-A300とPIM-G300の性能比較・違い
製品PIM-A300
PIM-A300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
PIM-G300
出典:TIGER
発売日2015年8月2020年7月
容量3.0L3.0L
重さ(約)3.5kg3.6kg
電気代(約)※7,900円/年7,900円/年
沸騰・保温性能
沸騰時間(満水)31分31分
保温98/90/80℃98/90/80℃
安全性能
チャイルドロック
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
その他
給湯量調整
給湯量表示
バックライト水量計
評価(Amazon)
※24/4/10時点
星4.4
星4.4
価格(約)
※24/4/10時点
9,800円(中古)14,000円
詳細



PIM-A300とPIM-G300の性能比較・違い

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

※ 日本電機工業会自主基準による測定(室温23℃、湯沸かし2回/1日、 再沸とう1回/1日、保温90℃で23時間/1日、電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算)

容量の違い

「PIM-A300」は容量が3.0Lのモデルしかありませんが、「PIM-G300」は容量が2.2Lと3.0Lのモデルがあります。

容量で価格が変わるため、大きな容量が必要ない場合は、2.2Lのモデルがおすすめです。

PIM-G220PIM-G300
TIGER_PIM-G220
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
容量2.2L3.0L
価格(約)\12,900\14,000
詳細
PIM-G220/300 価格の違い
PIM-G220PIM-G300
TIGER_PIM-G220
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
容量2.2L3.0L
価格(約)\12,900\14,000
詳細
PIM-G220/300 価格の違い

本体色の違い

「PIM-A300」と「PIM-G300」は、画像だとわかりづらいですが、本体色がわずかに違います。

「PIM-A300」は黒に近いブラウン色、「PIM-G300」はブラックを色合いになります。

PIM-A300PIM-G300
PIM-A300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
本体色ブラウンブラック
詳細
PIM-A300・PIM-G300 本体色の違い
PIM-A300PIM-G300
PIM-A300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
本体色ブラウンブラック
詳細
PIM-A300・PIM-G300 本体色の違い

「PIM-G300」以外でおすすめの電気ポット

「PIM-G300」以外でおすすめの電気ポットは、同じタイガーの「PIG-J300」です。

PIG-J300」は、タイガーで最もグレードの高い電気ポットです。

沸騰時間や安全性能に違いはありませんが、省エネ性能に差があります。

本体価格がやや上がりますが、電気代が下がるため、電気ポットを長く使う場合はコストメリットの大きな電気ポットです。

PIG-J300PIM-G300
TIGER_PIG-J300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
省エネ性能
6,200円/年電気代(約)※7,900円/年
あり待機電力ゼロ機能なし
保温性能
98/90/80℃保温温度98/90/80/70℃
その他
16,100円価格
※24/4/10時点
14,000円


詳細

‎PIG-J300とPIM-G300の比較
PIG-J300PIM-G300
TIGER_PIG-J300
出典:TIGER
Tiger_NC-PIM-G300
出典:TIGER
省エネ性能
6,200円/年電気代(約)※7,900円/年
あり待機電力ゼロ機能なし
保温性能
98/90/80℃保温温度98/90/80/70℃
その他
16,100円価格
※24/4/10時点
14,000円


詳細

‎PIG-J300とPIM-G300の比較

※ 日本電機工業会自主基準による測定(室温23℃、湯沸かし2回/1日、 再沸とう1回/1日、保温90℃で23時間/1日、電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算)

まとめ

今回はタイガーの電気ポット「PIM-A300」と「PIM-G300」の性能の違いを比較しました!

結論、違いは「重さ」「チャイルドロック」「バックライト水量計」の3点です。

「PIM-A300」は旧モデルで生産が終了しており、中古の製品が多いため、購入する場合は「PIM-G300」をおすすめします。

また、「タイガー」以外でおすすめのメーカーは「象印」です。

電気ポットで、「タイガー」と同等の性能を持っているメーカーは「象印」くらいなので、関連記事の比較記事も参考にしてみてください。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_電気ポット(PIM-A300 vs PIM-G300)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次