MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【おすすめ8選】コードレス給湯が可能な電気ポットの性能を徹底比較!<容量別>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_コードレスおすすめ

電気ポットは電源がないと使用できないと思われがちですが、コードレスで給湯できるモデルもあります。

そこで今回は、コードレスで給湯できるおすすめの電気ポットの性能を比較し、ランキング形式で紹介します。

コードレス給湯可能な電気ポットを検討している方に、本記事が役に立ちましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • おすすめのコードレス「電気ポット」を知りたい方
  • コードレス「電気ポット」の性能を比較表で確認したい方
本記事は以下のような人におすすめ!
  • おすすめのコードレス「電気ポット」を知りたい方
  • コードレス「電気ポット」の性能を比較表で確認したい方
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

コードレス給湯可能な電気ポットを販売しているメーカー

コードレス給湯可能な電気ポットを販売しているメーカーは「象印」「タイガー」「パナソニック」の3社です。

アイリスオーヤマなども電気ポットを販売していますが、コードレス給湯可能な電気ポットは販売していません。

また、販売している3社もコードレス給湯可能なモデルは一部のため、比較検討がしやすい分類になります。

結論(おすすめのコードレス電気ポット)

コードレス給湯可能で最もおすすめの電気ポットは2つ「CV-WB30(象印)」と「PIG-J300(タイガー)」です。

コードレス給湯可能な電気ポットの最大容量は3.0Lです。

おすすめする2つの電気ポットは、容量 3.0Lで最も性能が高い電気ポットです。

ただ、他製品と比較するとやや本体価格が高いため、性能と価格のバランスを取りたい方は、後述している他の電気ポットと比較検討してみてください。

コードレス給湯可能 おすすめ電気ポット 比較8選【容量:~3.0L】

コードレス給湯可能なおすすめの電気ポットを容量別(3.0L・2.2L)で性能比較し、ランキング形式にしています。

電気ポットは性能を比較することが非常に重要なため、是非、比較表を見て検討ください。

コードレス電気ポット 性能比較(容量:3.0L)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月22日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

3.比較表に存在しないモデルはランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月22日時点

2.生産終了品は対象外

3.比較表に存在しないモデルはランキング外

※タップで比較表をズーム

製品ZOJIRUSHI_CV-WB30
CV-WB30
出典:象印
TIGER_PIG-J300
PIG-J300
出典:Tiger
Tiger_NC-PIM-G300
PIM-G300
出典:Tiger
Panasonic_NC-SU304
NC-SU304
出典:Panasonic
ランキングランキング1位ランキング1位ランキング3位ランキング4位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
メーカー象印TigerTigerPanasonic
発売日2018年10月2020年7月2020年7月2014年10月
電気代(約)※16,400円/年6,200円/年7,900円/年7,000円/年
沸騰・保温性能
沸騰時間(満水)16分31分31分23分
保温98/90/80/70℃98/90/80℃98/90/80/70℃98/90/80/70℃
指定温度沸騰※2
安全性能
チャイルドロック
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
その他
給湯量表示
評価(Amazon)
※24/2/22時点
星4.3
星4.5
星4.4
星4.4
価格(約)
※24/2/22時点
21,200円16,700円15,800円18,300円
詳細







コードレス給湯可 おすすめ電気ポット(容量:3.0L)
【コードレス】電気ポット(比較表)_3.0L_Ver2
a詳細
コードレス給湯可 おすすめ電気ポット(容量:3.0L)

※  詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

※1.日本電機工業会自主基準による測定(室温23℃、湯沸かし2回/1日、 再沸とう1回/1日、保温90℃で23時間/1日、電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算)

※2.沸騰させずに保温設定温度まで直接沸かす機能

コードレス電気ポット ランキング(容量:3.0L)

コードレス電気ポット 性能比較(容量:2.2L)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月22日時点

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

3.比較表に存在しないモデルはランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月22日時点

2.生産終了品は対象外

3.比較表に存在しないモデルはランキング外

※タップで比較表をズーム

製品ZOJIRUSHI_CV-WB22
CV-WB22
出典:象印
TIGER_PIM-G220
PIM-G220
出典:Tiger
Panasonic_NC-SU224
NC-SU224
出典:Panasonic
象印_CV-GV22
CV-GV22
出典:象印
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング3位ランキング4位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
メーカー象印TigerPanasonic象印
発売日2018年10月2020年7月2014年10月2023年2月
電気代(約)※15,200円/年6,900円/年5,890円/年7,300円/年
沸騰・保温性能
沸騰時間(満水)13分24分17.5分19分
保温98/90/80/70℃98/90/80/70℃98/90/80/70℃98/90/80/70℃
指定温度沸騰※2
安全性能
チャイルドロック
転倒湯漏れ防止
蒸気レス構造
その他
給湯量表示
評価(Amazon)
※24/2/22時点
星4.3
星4.5
星4.4
価格(約)
※24/2/22時点
20,500円14,100円15,700円14,500円
詳細







コードレス給湯可 おすすめ電気ポット(容量:2.2L)
【コードレス】電気ポット(比較表)_2.2L_Ver2
a詳細
コードレス給湯可 おすすめ電気ポット(容量:2.2L)

※  詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

※1.日本電機工業会自主基準による測定(室温23℃、湯沸かし2回/1日、 再沸とう1回/1日、保温90℃で23時間/1日、電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算)

※2.沸騰させずに保温設定温度まで直接沸かす機能

コードレス電気ポット ランキング(容量:2.2L)

コードレス中の電気ポット保温時間

コードレス状態の電気ポットの保温(70℃以上)は7時間程度維持されます。

コードレス状態にすると電気が入らないため、お湯の温度は少しづつ下がってきます。

ただ、コードレス給湯可能な電気ポットは魔法瓶構造のため、沸騰後70℃まで下がるのみ約7~8時間かかります。

徐々に温度は下がっていきますが、日中の間は維持できるほどの性能です。

コードレス電気ポットのメリット・デメリット

コードレス給湯可能な電気ポットは、色々なメリットがあります。

コードレス状態の電気ポットは、コードを外した時点から7時間程度、保温(70℃以上)が継続されるため、外出先でも温かい状態で使用が可能です。

デメリットは、コードレス給湯不可の電気ポットよりも本体価格が高いことのみです。

メリットデメリット
家内のコンセントが近くにない場所で使用可能
外出先でも使用可能(イベントなど)
子供などがコードに手足を引っ掛ける心配なし
本体価格が高い
コードレス電気ポットのメリット・デメリット
メリットデメリット
家内のコンセントが近くにない場所で使用可能
外出先でも使用可能
子供などがコードに手足を引っ掛ける心配なし
本体価格が高い
コードレス電気ポットのメリット・デメリット

まとめ

今回は、コードレス給湯可能なおすすめの電気ポットを紹介しました!

コードレスの電気ポットは「象印」と「タイガー」を選んでおけば間違いありません。

どちらも創業が1920年前後で、その頃から魔法瓶の技術に力を入れているため、電気ポットの性能が高く、設計がしっかりとしています。

容量が大きいコードレス電気ポットが無い点が少し残念ですが、是非目的にあった製品を探して頂ければと思います。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_コードレスおすすめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次