MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【ウォーターサーバー vs 電気ポット】コストや電気代を比較表で徹底比較!<どっちがお得?>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_ウォーターサーバー(電気代)

「ウォーターサーバー」と「電気ポット」は、お湯を給湯できる類似製品です。

だた、長く使う上でのコストや電気代、利便性の違いなどが難しく、どっちを選べば良いのか分かりづらいかと思います。

そこで今回は、ウォーターサーバーと電気ポットの「水のコスト」「電気代」「利便性」などを比較表で比較していきます。

本記事で「ウォーターサーバー」と「電気ポット」のコストや電気代の違いが明確になりましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • ウォーターサーバー」と「電気ポット」のコストや電気代などを比較表で確認したい方
本記事は以下のような人におすすめ!
  • ウォーターサーバー」と「電気ポット」のコストや電気代などを比較表で確認したい方
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

ウォーターサーバーと電気ポットの比較(コスト・電気代)

まず最初に、「ウォーターサーバー」と「電気ポット」のコスト面を比較していきます。

初期費用は「電気ポット」の方が高いですが、水代を含めたランニングコストは「ウォーターサーバー」の方が高くなります。

電気代は製品によりますが、大きな差はありません。

ウォーターサーバー電気ポット
ウォーターサーバー(電気代)_挿入画像電気ケトル_沸騰時間_挿入画像
0円~初期費用約5,000円~
約300~1,500円電気代(月額)約400~1,200円
約4,000~6,000円/24L水代(月額)約10円/24L(水道代)
ウォーターサーバーと電気ポットの比較(サマリ)
ウォーター
サーバー
電気ポット
ウォーターサーバー(電気代)_挿入画像電気ケトル_沸騰時間_挿入画像
0円~初期費用約5,000円~
約300~1,500円電気代(月額)約400~1,200円
約4,000~6,000円/24L水代(月額)約10円/24L(水道代)
ウォーターサーバーと電気ポットの比較(サマリ)

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

ウォーターサーバーと電気ポットの比較(具体例)

ウォーターサーバーと電気ポットで最も電気代の安い製品であるコスモウォーター「SmartプラスNEXT」と象印の「CV-WB22」を具体例として、トータルコストや電気代を比較していきます。

ウォーターサーバーは天然水やろ過水を飲める分、使う期間が長いほど、電気ポットよりもトータルコストは数万円高くなります。

ウォーターサーバー電気ポット
Smartプラス_NEXT
SmartプラスNEXT
出典:コスモウォーター
ZOJIRUSHI_CV-WB22
CV-WB22
出典:象印
コスト(約)
54,900円年額(①+②+③)23,300円
4,400円月額(②+③)590円
2,200円①初期費用18,000円
290円②電気代(月額)430円
4,100円/24L水代(月額)10円/24L
機能性
温度調整
冷水の使用
その他
20,000円途中解約手数料
設置場所


詳細

ウォーターサーバーと電気ポットの比較(具体例)
ウォーター
サーバー
電気ポット
Smartプラス_NEXT
SmartプラスNEXT
出典:コスモウォーター
ZOJIRUSHI_CV-WB22
CV-WB22
出典:象印
コスト(約)
54,900円年額(①+②+③)23,300円
4,400円月額(②+③)590円
2,200円①初期費用18,000円
290円②電気代(月額)430円
4,100円/24L水代(月額)10円/24L
機能性
温度調整
冷水の使用
その他
20,000円途中解約手数料
設置場所


詳細

ウォーターサーバーと電気ポットの比較(具体例)

※ 電気代は新電力料金目安単価31円/kWh(税込)で計算しています

おすすめのウォーターサーバーと電気ポット

ウォーターサーバーと電気ポットは、製品によって性能・電気代・価格に大きな差があります。

しっかりと性能や電気代を確認しないと、旧型のモデルなどコスパの悪い製品を購入することもあります。

ウォーターサーバーと電気ポットで、新しく最も高性能な製品を以下記事でまとまていますので、興味のある方は是非ご覧ください。

まとめ

今回は「ウォーターサーバー」「電気ポット」のコストや電気代を比較表で比較しました。

ウォーターサーバーと電気ポットは明確に使用用途が違い、ウォーターサーバーは天然水などおいしい水を使いたい方、電気ポットはお湯を直ぐに入れる用途です。

どちらもランニングコストがかかりますが、利便性は向上するので是非購入を検討してみてください。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

アイキャッチ画像_ウォーターサーバー(電気代)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次