MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【比較表】コスモウォーターとフレシャスの違いを徹底比較!【どっちの性能が良い?】

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_コスモウォーター_フレシャス

天然水のウォーターサーバーで高性能なブランドと言えば「コスモウォーター」と「フレシャス」が有名です。

ただ、似たような製品が多く、「ウォーターサーバーの性能の違いは?」「値段はどのくらい差があるか?」などが分かりづらいかと思います。

そこで今回は、「コスモウォーター」と「フレシャス」のウォーターサーバーの違いを比較表で比較し、どっちが良いか確認していきます。

「コスモウォーター」と「フレシャス」どちらのウォーターサーバーにするか迷っている方に、本記事が役に立ちましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「コスモウォーター」と「フレシャス」どちらにするか迷っている方
  • 「コスモウォーター」と「フレシャス」の違いを比較表で確認したい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「コスモウォーター」と「フレシャス」どちらにするか迷っている方
  • 「コスモウォーター」と「フレシャス」の違いを比較表で確認したい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(コスモウォーターとフレシャス どっちが良い?)

結論、コスト面を重視する場合は「コスモウォーター」、デザイン性を重視する場合は「フレシャス」がおすすめです。

性能面(温度調整機能など)は、製品にもよりますが、大きな差はありません。

「コスモウォーター」と「フレシャス」の大きな違いは以下表の通りです。

「コスモウォーター」は料金プランが1つしかなく、サーバーのレンタル料もないため、コストが安いことは勿論、月額の計算もしやすくなっています。

「フレシャス」は「コスモウォーター」よりもトータルコストはやや高くなりますが、カラーバリエーションも多く、デザイン性に優れています。

まとめ
  • コスモウォーター:コストパフォーマンス重視
  • フレシャス:カラーバリエーションの多いデザイン性重視
まとめ
  • コスモウォーター:コストパフォーマンス重視
  • フレシャス:カラーバリエーションの多いデザイン性重視
 コスモウォーター 項目フレシャス
Smartプラス_NEXT
出典:コスモライフ
FRECIOUS_dewo
出典:富士山の銘水
デザイン世界的デザイナーが
設計を担当
~4,580円/月トータルコスト(約)
(水+電気+レンタル代)
~5,800円/月
レバー出水の器具レバー or ボタン
水の交換軽量パック
機能性
(温度調整機能など)
利便性
(配送変更方法、置き配など)
置き配なし

詳細
コスモウォーター・フレシャスの違い・比較(サマリ)
コスモ
ウォーター
項目フレシャス
Smartプラス_NEXT
出典:コスモライフ
FRECIOUS_dewo
出典:富士山の銘水
デザイン世界的デザイナーが
設計を担当
~4,580円/月トータルコスト
(水+電気+レンタル代)
~5,800円/月
水の交換軽量パック
機能性
(温度調整機能等)
利便性
(置き配等)
置き配なし

詳細
コスモウォーター・フレシャスの違い・比較(サマリ)

比較対象のウォーターサーバー

「コスモウォーター」と「フレシャス」のウォーターサーバー全てのラインナップです。(24年4月時点)

コスモウォーターの「ECOTTO(電気ケトル一体型)」、フレシャスの「Slat+cafe(コーヒーメーカー一体型)は、特長が違うため比較の対象外としています。

後述しているウォーターサーバー毎の詳細比較は、エントリーモデルとハイエンドモデルに分けた、以下6製品を対象としています。

エントリーモデルハイエンドモデル
コスモウォーターコスモウォーター_smartプラス
Smartプラス
Smartプラス_NEXT
SmartプラスNext
フレシャスFRECIOUS_SIPHON
SIPHON+
フレシャス_AQUWISH
AQUWISH
FRECIOUS_SIat
Slat
FRECIOUS_dewo
dewo
比較対象のウォーターサーバー
エントリーモデルハイエンドモデル
コスモ
ウォーター
コスモウォーター_smartプラス
Smartプラス
Smartプラス_NEXT
SmartプラスNext
フレシャスFRECIOUS_SIPHON
SIPHON+
フレシャス_AQUWISH
AQUWISH
FRECIOUS_SIat
Slat
FRECIOUS_dewo
dewo
比較対象のウォーターサーバー
グレード温度調整電気代初期費用
レンタル料
エントリー
ハイエンド
ウォーターサーバー グレード別の性能
グレード温度調整電気代初期費用
レンタル料
エントリー
ハイエンド
ウォーターサーバー グレード別の性能

コスモウォーターとフレシャスの性能比較・違い【ハイエンドモデル】

「コスモウォーター」と「フレシャス」のウォーターサーバーの違いを、グレード別(ハイエンド・エントリー)で、性能と費用面を比較します。

「フレシャス」のハイエンドモデルは、2箱以上(約55L/月)注文すると、サーバーレンタル料が無料になるため、月の注文量が55L未満・以上に分けて比較をしていきます。

コスモウォーター・フレシャス 比較(55L/月未満)【ハイエンド】

比較表の前提

1.費用関連は2024年4月19日時点

2.月の注文が1箱(55L未満)の場合

比較表の前提

1.費用関連は2024年4月19日時点

2.月の注文が1箱(55L未満)の場合

製品Smartプラス_NEXT
SmartプラスNext
出典:コスモライフ
FRECIOUS_SIat
FRECIOUS Slat
出典:富士山の銘水
FRECIOUS_dewo
FRECIOUS dewo
出典:富士山の銘水
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星5.0
評価星5
星2.0
評価星2
星2.0
評価星2
ブランドコスモウォーターフレシャスフレシャス
契約必要年数3年2年2年
ボトル設置場所下部下部上部
出水の器具レバーボタンボタン
注文関連
注文数1箱(12L×2)1箱(9.3L×2)1箱(7.2L×4)
注文量24L18.6L28.8L
費用関連
月額(約)
(水+電気+レンタル料)
4,360円4,620円5,800円
水1Lあたりの費用
(月額/注文量)
182円248円201円
天然水費用4,104円/24L3,254円/18.6L4,924円/28.8L
電気代/月約256円~約380円~約330円~
初期費用2,200円0円0円
サーバーレンタル料/月990円
※3箱(55.8L)/月で無料
550円
※2箱(57.6L)/月で無料
配送ノルマ手数料
(2カ月注文無で発生)
880円1,100円1,100円
機能関連
温度 冷水:5/10/15℃
温水:65/75/90℃
冷水:4~10℃
温水:70~90℃
常温水
冷水:3.5~8℃
温水:80~85℃
チャイルドロック
クリーニング機能
その他
置き配対応
詳細


コスモウォーター・フレシャス 違い・比較(55L/月未満)
製品
Smartプラス_NEXT
Smartプラス
Next
出典:コスモライフ
FRECIOUS_SIat
Slat
出典:富士山の銘水
FRECIOUS_dewo
dewo
出典:富士山の銘水
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星5.0
評価星5
星2.0
評価星2
星2.0
評価星2
ブランドコスモ
ウォーター
フレシャスフレシャス
契約年数3年2年2年
ボトル場所下部下部上部
出水の器具レバーボタンボタン
注文関連
注文数1箱(12L×2)1箱(9.3L×2)1箱(7.2L×4)
注文量24L18.6L28.8L
費用関連
月額(約)
(水+電気+レンタル)
4,360円4,620円5,800円
1L毎の費用
(月額/注文量)
182円248円201円
天然水費用4,104円/24L3,254円/18.6L4,924円/28.8L
電気代/月約256円~約380円~約330円~
初期費用2,200円0円0円
レンタル料990円/月550円/月
配送手数料
(2カ月注文無)
880円1,100円1,100円
機能関連
温度調整
チャイルド
ロック
クリーン機能
その他
置き配対応
詳細


コスモウォーター・フレシャス 違い・比較(55L/月未満)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算しています

コスモウォーター・フレシャス 比較(55L/月以上)【ハイエンド】

比較表の前提

1.費用関連は2024年4月19日時点

2.月の注文が2箱以上(55L以上)の場合

比較表の前提

1.費用関連は2024年4月19日時点

2.月の注文が2箱以上(55L以上)の場合

製品Smartプラス_NEXT
SmartプラスNext
出典:コスモライフ
FRECIOUS_SIat
FRECIOUS Slat
出典:富士山の銘水
FRECIOUS_dewo
FRECIOUS dewo
出典:富士山の銘水
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星3.0
評価星3
ブランドコスモウォーターフレシャスフレシャス
契約必要年数3年2年2年
ボトル設置場所下部下部上部
出水の器具レバーボタンボタン
注文関連
注文数3箱(12L×6)3箱(9.3L×6)2箱(7.2L×8)
注文量72L55.8L57.6L
費用関連
月額(約)
(水+電気+レンタル料)
12,570円10,140円10,180円
水1Lあたりの費用
(月額/注文量)
176円182円177円
天然水費用4,104円/24L3,254円/18.6L4,924円/28.8L
電気代/月約256円~約380円~約330円~
初期費用2,200円0円0円
サーバーレンタル料/月
配送ノルマ手数料
(2カ月注文無で発生)
880円1,100円1,100円
機能関連
温度 冷水:5/10/15℃
温水:65/75/90℃
冷水:4~10℃
温水:70~90℃
常温水
冷水:3.5~8℃
温水:80~85℃
チャイルドロック
クリーニング機能
その他
置き配対応
詳細


コスモウォーター・フレシャス 違い・比較(55L/月以上)
製品
Smartプラス_NEXT
Smartプラス
Next
出典:コスモライフ
FRECIOUS_SIat
Slat
出典:富士山の銘水
FRECIOUS_dewo
dewo
出典:富士山の銘水
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星3.0
評価星3
ブランドコスモ
ウォーター
フレシャスフレシャス
契約年数3年2年2年
ボトル場所下部下部上部
出水の器具レバーボタンボタン
注文関連
注文数1箱(12L×6)1箱(9.3L×6)1箱(7.2L×8)
注文量72L55.8L57.6L
費用関連
月額(約)
(水+電気+レンタル)
12,570円10,140円10,180円
1L毎の費用
(月額/注文量)
176円182円177円
天然水費用4,104円/24L3,254円/18.6L4,924円/28.8L
電気代/月約256円~約380円~約330円~
初期費用2,200円0円0円
レンタル料
配送手数料
(2カ月注文無)
880円1,100円1,100円
機能関連
温度調整
チャイルド
ロック
クリーン機能
その他
置き配対応
詳細


コスモウォーター・フレシャス 違い・比較(55L/月以上)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算しています

コスモウォーター・フレシャス ランキング【ハイエンド】

コスモウォーターとフレシャスの性能比較・違い【エントリーモデル】

「コスモウォーター」と「フレシャス」で、エントリーモデルのウォーターサーバーの違いを性能と費用面で比較します。

エントリーモデルは、レンタル料がかかる製品はないため、月の注文が1箱の場合のみを比較していきます。

コスモウォーター・フレシャス 比較【エントリー】

比較表の前提

1.費用関連は2024年4月19日時点

2.月の注文が1箱(55L未満)の場合

比較表の前提

1.費用関連は2024年4月19日時点

2.月の注文が1箱(55L未満)の場合

製品コスモウォーター_smartプラス
Smartプラス
出典:コスモライフ
FRECIOUS_SIPHON
SIPHON+
出典:富士山の銘水
フレシャス_AQUWISH
AQUWISH
出典:富士山の銘水
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
ブランドコスモウォーターフレシャスフレシャス
契約必要年数2年2年2年
ボトル設置場所下部上部上部
出水の器具レバーレバーレバー
注文関連
注文単位1箱(12L×2)1箱(7.2L×4)1箱(7.2L×4)
注文量24L28.8L28.8L
費用関連
月額(約)
(水+電気+レンタル料)
4,580円5,670円5,670円
水1Lあたりの費用
(月額/注文量)
191円197円197円
天然水費用4,104円/24L4,992円/28.8L4,992円/28.8L
電気代/月約474円~約680円~約680円~
初期費用
サーバーレンタル料/月
配送ノルマ手数料
(2カ月注文無で発生)
880円1,100円1,100円
機能関連
温度冷水:6~10℃
温水:80~90℃
冷水:3.5~8℃
温水:80~85℃
冷水:3.5~8℃
温水:80~85℃
チャイルドロック
クリーニング機能
その他
置き配対応
詳細


コスモウォーター・フレシャス 違い・比較(55L/月未満)
製品コスモウォーター_smartプラス
Smartプラス
出典:コスモライフ
FRECIOUS_SIPHON
SIPHON+
出典:富士山の銘水
フレシャス_AQUWISH
AQUWISH
出典:富士山の銘水
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
ブランドコスモ
ウォーター
フレシャスフレシャス
契約年数2年2年2年
ボトル場所下部上部上部
出水の器具レバーレバーレバー
注文関連
注文単位1箱(12L×2)1箱(7.2L×4)1箱(7.2L×4)
注文量24L28.8L28.8L
費用関連
月額(約)
(水+電気+レンタル)
4,580円5,670円5,670円
1L毎の費用
(月額/注文量)
191円197円197円
天然水費用4,104円/24L4,992円/28.8L4,992円/28.8L
電気代/月約474円~約680円~約680円~
初期費用
レンタル料
配送手数料
(2カ月注文無)
880円1,100円1,100円
機能関連
温度冷水:6-10℃
温水:80-90℃
冷水:3.5-8℃
温水:80-85℃
冷水:3.5-8℃
温水:80-85℃
チャイルド
ロック
クリーン機能
その他
置き配対応
詳細


コスモウォーター・フレシャス 違い・比較(55L/月未満)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※ 電気代は新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で計算しています

コスモウォーター・フレシャス ランキング【エントリー】

料金プランの比較(コスモウォーター・フレシャス)

「コスモウォーター」1種類、「フレシャス」は水の種類により3種類の料金プランがあります。

「フレシャス」は、採水地によって水の料金がやや変わるため、注文時は注意が必要です。

コスモウォーターの料金プラン

「コスモウォーター」の料金プランはシンプルに1種類のみです。

ウォーターサーバーによって必要契約年数が違うため、その点だけ注意が必要です。

SmartプラスSmartプラスNEXT
必要契約年数2年3年
天然水費用(24L)4,104円/月
初期費用0円2,200円
レンタル料/月0円0円
コスモウォーターの料金プラン
SmartプラスSmartプラスNEXT
必要契約年数2年3年
天然水費用/24L4,104円/月
初期費用0円2,200円
レンタル料/月0円0円
コスモウォーターの料金プラン

フレシャスの料金プラン

「フレシャス」は採水地によって料金が違います。(表は「dewo」の料金プランを例としています

価格差は大きくないため、好みの採水地から注文することも気軽にすることができます。

詳しくは公式ホームページをご覧ください。

容量採水地料金
天然水パック式(7.2L)富士1,248円
朝霧高原1,231円
木曽1,264円
フレシャス dewoの料金プラン
容量採水地料金
天然水パック式
(7.2L)
富士1,248円
朝霧高原1,231円
木曽1,264円
フレシャス dewoの料金プラン

会社の比較(コスモウォーター・フレシャス)

参考に「コスモウォーター」と「フレシャス」の企業情報を比較していきます。

「フレシャス」の方が若い企業ですが、デザイン性と機能性に優れたウォーターサーバーで、家庭のウォーターサーバー利用者数2位に登りつめています。

コスモウォーターは老舗企業で、品質は勿論のこと性能やサポートにも安心感があります。

コスモウォーター項目フレシャス
株式会社コスモライフ会社名富士山の銘水株式会社
1988年創業2010年
5千万円資本金1億円
約210億円売上高(22年度)約250億円
天然水取り扱う水の種類天然水、浄水
5位ウォーターサーバー
利用者数
2位
会社の比較(コスモウォーター・フレシャス)
コスモ
ウォーター
項目フレシャス
株式会社
コスモライフ
会社名富士山の銘水
株式会社
1988年創業2010年
5千万円資本金1億円
約210億円売上高
(22年度)
約250億円
天然水水の種類天然水、浄水
5位利用者数2位
会社の比較(コスモウォーター・フレシャス)

サポート体制の比較(コスモウォーター・フレシャス)

問い合わせ方法は、「フレシャス」の方が優れています。

「フレシャス」はチャットサービスがあり、AIによる自動回答ではなく、オペレーターが直接回答してくれるため、ちょっとした問い合わせを簡単にすることができます。

WEBの問い合わせフォームは回答に時間が掛かることが多いため、チャット機能は非常に便利です。

コスモウォーターフレシャス
問い合わせ電話、WEB電話、WEB、チャット
受付時間9:00-18:00(年末年始除く)平日 :9時-18時
土祝日:9時-17時
サポート体制の比較(コスモウォーター・フレシャス)
コスモウォーターフレシャス
問い合わせ電話/WEB電話/WEB/チャット
受付時間9:00-18:00
(年末年始除く)
平日 :9時-18時
土祝日:9時-17時
サポート体制の比較(コスモウォーター・フレシャス)

コスモウォーターとフレシャス以外でおすすめのウォーターサーバー

ウォーターサーバーで「コスモウォーター」と「フレシャス」以外でおすすめのブランドは「プレミアムウォーター」です。

「プレミアムウォーター」は、2022年時点で天然水のウォーターサーバー利用者数が1位のブランドです。

「プレミアムウォーター」はウォーターサーバーの性能も高いですが、サポート面も魅力で、問い合わせをAIチャットが返答してくれるなど、技術力が高い点も高評価です。

天然水ウォーターサーバーで選ぶなら「コスモウォーター」「プレミアムウォーター」「フレシャス」の3択といっても過言ではないので、是非検討してみてください。

まとめ

今回は「コスモウォーター」と「フレシャス」の違い(性能・費用など)を比較し、どちらが良いか比較しました。

結論、費用重視の場合は「コスモウォーター」、デザイン重視の場合は「フレシャス」がおすすめです。

コストパフォーマンスを重視する場合は、他社のウォーターサーバーと比較しても、「コスモウォーター」は最安です。

ただ最近は、費用や機能だけでなく、機能美(デザイン性×機能)も重視されており、その点「フレシャス」はデザインと機能が馴染んでいるため、売上を伸ばしているのかもしれません。

ウォーターサーバーは、費用・デザイン・機能・利便性など、色々と確認が必要な製品ですが、しっかりと確認してからサービス購入を検討してみてください。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_コスモウォーター_フレシャス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次