MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【ランキング8選】おすすめの壁掛けソープディスペンサーを徹底比較!<コンパクトタイプなど>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像(壁掛け オートディスペンサー)

オートソープディスペンサーとは、手をかざすと自動で泡や液体が一定量でる製品です。

直接ポンプに触れる必要がないため、ポンプに菌・汚れの付着を防ぐことができます。また、簡単に手洗いができることから子供の手洗いの習慣にもなります。

今回は2024年2月時点で、おすすめのオートソープディスペンサー(壁掛けタイプ)を性能と機能で比較し、比較表でランキング形式にしています。

壁掛けタイプのオートソープディスペンサーは、水回りがおしゃれでスタイリッシュになりますので、是非、家に合った製品を見つけてみてください!

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 壁掛けソープディスペンサーの性能をしっかりと比較がしたい
  • おすすめの壁掛けソープディスペンサーを知りたい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 壁掛けソープディスペンサーの性能をしっかり比較がしたい
  • おすすめの壁掛けソープディスペンサーを知りたい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(おすすめの壁掛けソープディスペンサー)

最も性能が良く、おすすめの壁掛けソープディスペンサーは「Umimile(ユミマイル)」と「THANKO(サンコー)」です。

「Umimile」のソープディスペンサーは、手をかざす位置で泡の量が変わるなど、他製品よりも高性能です。

「Umimile」は中国の家電・雑貨メーカーですが、2017年に日本市場に参入し、その他の家電や生活雑貨を多数販売しているため、信用性も問題ありません。

壁掛けタイプのソープディスペンサーは、模倣品が多く、低評価なレビューが目立ちますが「Umimile」は高評価な点も良いポイントです。

「THANKO」は、売り上げが伸び続けている日本の家電・雑貨メーカーで、製品に信頼性があります。

おすすめメーカー
  1. Umimile(ユミマイル)<中国>
    • 2017年に日本市場に参入、小型家電や雑貨などを主に販売
  2. THANKO(サンコー)<日本>
    • ニッチな家電で売り上げを伸ばしている日本メーカー
おすすめメーカー
  1. Umimile(ユミマイル)<中国>
    • 2017年に日本市場に参入、小型家電や雑貨などを主に販売
  2. THANKO(サンコー)<日本>
    • ニッチな家電で売り上げを伸ばしている日本企業

壁掛けソープディスペンサーおすすめ4選(泡タイプ)

おすすめの壁掛けオート(自動)ソープディスペンサー(泡タイプ)の性能を比較してランキング形式にしています。

壁掛けソープディスペンサーの概要や選び方は、次章以降に記載していますので、必要に応じてご覧ください。

壁掛けソープディスペンサー 性能比較(泡タイプ)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月26日時点

2.比較表に存在しない製品はランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月26日時点

2.比較表に存在しない製品はランキング外

※タップで比較表をズーム

製品Umimile W2-DIS-X2
W2-DIS-X2
出典:Umimile
THANKO_ATDSPWCWH
ATDSPWCWH
出典:THANKO
壁掛けソープディスペンサー(HUACUIGC)
HUACUIGC
出典:Amazon
壁掛けソープディスペンサー
ソープディスペンサー
出典:楽天市場
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング3位ランキング3位
相対評価
(○-△の数)
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
電源充電式充電式充電式充電式
液体容量300ml285ml300ml280ml
電池容量800mAh1500mAh2000mAh1200mAh
吐出性能
吐出量調整2段階3段階2段階
吐出量調整方法手をかざす位置ボタンボタンボタン
対応洗剤
専用液不要
食器用洗剤対応
その他
電池残量確認
防水性能(※1)IPX5
(噴流水OK)
IPX5
(噴流水OK)
IPX5
(噴流水OK)
評価(Amazon)
※24/2/26時点
星4.2
星5.0
星3.3
価格(約)
※24/2/26時点
3,500円3,600円2,600円3,980円
詳細



おすすめの壁掛けソープディスペンサー4選(泡タイプ)
【壁掛け】ソープディスペンサー(比較表)Ver5(泡タイプ)
a詳細
おすすめの壁掛けソープディスペンサー4選(泡タイプ)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※1 防水性能:末尾の数字が大きい程、防水性能が高い

壁掛けソープディスペンサー ランキング(泡タイプ)

壁掛けソープディスペンサーおすすめ4選(液体タイプ)

液体タイプの壁掛けソープディスペンサーは、性能に大きな差はありません。

そのため、デザインで選ぶことも一つの手かと思います。

壁掛けソープディスペンサー 性能比較(液体タイプ)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月26日時点

2.比較表に存在しない製品はランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年2月26日時点

2.比較表に存在しない製品はランキング外

※タップで比較表をズーム

製品Cheftick_壁掛けソープディスペンサー
Cheftick
出典:Amazon
Umimile_ソープディスペンサー_液体_壁掛け
W2-OVLD2
出典:Umimile
SHOBETTER_壁掛けソープディスペンサー_横向き
SHOBETTER
出典:Amazon
SHOBETTER_壁掛けソープディスペンサー_縦向き
SHOBETTER
出典:Amazon
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング2位ランキング4位
相対評価
(○-△の数)
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
電源充電式充電式充電式充電式
液体容量400ml400ml500ml450ml
電池容量1200mAh1,200mAh1,800mAh1,800mAh
吐出性能
吐出量調整4段階3段階5段階5段階
吐出量調整方法ボタンボタンボタンボタン
対応洗剤
専用液不要
食器用洗剤対応
その他
電池残量確認
ノズル洗浄機能
防水性能(※1)IPX5
(噴流水OK)
IPX7
(水洗いOK)
IPX5
(噴流水OK)
IPX4
(噴流水OK)
評価(Amazon)
※24/2/26時点
星4.5
星4.3
星3.5
星4.1
価格(約)
※24/2/26時点
2,480円3,180円2,600円3,580円
詳細







おすすめの壁掛けソープディスペンサー(液体タイプ)
【壁掛け】ソープディスペンサー(比較表)Ver1(液体タイプ)
a詳細
おすすめの壁掛けソープディスペンサー4選(液体タイプ)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

※1 防水性能:末尾の数字が大きい程、防水性能が高い

壁掛けソープディスペンサー ランキング(液体タイプ)

オートソープディスペンサーの種類

自動で洗剤がでる、オートソープディスペンサーの種類は全部で大きく3種類あります。

今回はデザイン性にも優れた、壁掛けタイプの製品を比較しています。

置き型タイプで壁に掛けられる製品もありますが、壁掛け専用のソープディスペンサーは、置き型と比べてコンパクトでスタイリッシュなため、狭い場所でも取付可能です。

※置き型タイプは、表下のリンクからご確認ください。

オートディスペンサー(泡タイプ)
置き型+泡タイプ
出典:Amazon
オートディスペンサー(液体タイプ)
置き型+液体タイプ
出典:Amazon
オートディスペンサー(壁掛けタイプ)
壁掛けタイプ
出典:Amazon
特徴泡立て不要だが洗浄力は
液体に劣る(お子様向き)
洗浄力は高いが全体に
馴染ませが必要
コンパクトだが設置場所が限られ移動ができない
洗浄力
泡立て
サイズ
設置場所
オートソープディスペンサーの種類
オートディスペンサー(泡タイプ)
置き型+
泡タイプ
出典:Amazon
オートディスペンサー(液体タイプ)
置き型+
液体タイプ
出典:Amazon
オートディスペンサー(壁掛けタイプ)
壁掛け
タイプ

出典:Amazon
特徴泡立て不要だが
洗浄力は少し劣る
(お子様向き)
洗浄力は高いが全体
に馴染ませが必要
コンパクトだが
設置場所が限られ
移動ができない
洗浄力
泡立て
サイズ
設置場所
オートソープディスペンサーの種類

壁掛けソープディスペンサーのメリット・デメリット

壁掛けタイプのオートソープディスペンサーは、メリットも多いですが、置き型にはないデメリットもいくつかあります。

メリットデメリット
取付場所のスペースをとらない(コンパクト)
インテリア性があり部屋に馴染む
取付場所が限られる
一度取付をすると移動がしづらい
中国製が多く、一部品質に問題のある製品もあり
メリットデメリット
取付場所のスペースをとらない
インテリア性があり部屋に馴染む
取付場所が限られる
一度取付をすると移動がしづらい
中国製が多く、一部品質に問題のある製品もあり

特に、付いている粘着テープで一度設置すると簡単には移動ができないため、設置をする際は、以下のような剝がしやすく跡が残りにくい両面テープを別売りで購入することをおすすめします。

壁掛けソープディスペンサー 選びのおすすめポイント

壁掛け自動ソープディスペンサー選びは以下5点を確認することがおすすめです。

購入する目的にもよりますが、選定時は以下の項目を中心にご確認ください。

選定ポイント
  1. デザイン性・サイズ
    • 設置予定場所に合うおしゃれなデザインとコンパクトサイズ
  2. 吐出量調整機能
    • 吐出量の調整が可能か
  3. 専用ソープの要否
    • 専用液以外の一般的な液も使用可能か
  4. 食器用洗剤の使用可否
    • 食器用洗剤が使用可能か
  5. 防水性能
    • 水回りの使用で支障はないか
選定ポイント
  1. デザイン性・サイズ
    • 設置予定場所に合うデザインとコンパクトサイズ
  2. 吐出量調整機能
    • 吐出量の調整が可能か
  3. 専用ソープの要否
    • 専用液以外の一般的な液も使用可能か
  4. 食器用洗剤の使用可否
    • 食器用洗剤が使用可能か
  5. 防水性能
    • 水回りの使用で支障はないか

壁掛けソープディスペンサーの取付・充電方法

取付方法は直接壁に本体を張り付けるのではなく、台座となるブラケットを粘着テープで固定後、上に取り付ける製品がほとんどです。

そのため、近くにコンセントは必要なく、充電の際は本体を取り外して充電が可能です。

ソープディスペンサー(壁掛け)_取付手順
ソープディスペンサー(壁掛け)_取付手順

出典:Amazon

まとめ

今回は自動で洗剤がでる、おすすめの壁掛けソープディスペンサーの性能を比較してランキング形式にしました!

結論、おすすめのメーカーは「Umimile(ユミマイル)」と「THANKO(サンコー)」です。

性能面で選ぶのであれば「Umimile」、日本メーカーが良い場合は「THANKO」がおすすめです。

また、壁掛けタイプで一番気になる点は、不要となった際に上手く取り外せるかどうかですが、市販の粘着テープを使用することで解決できます。

見た目もおしゃれかつコンパクト・スタイリッシュで、インテリア性の高い部屋には非常にマッチしますので、是非購入を検討してみてください!

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像(壁掛け オートディスペンサー)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次