MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【テスコム vs パナソニック】ドライヤーの性能を比較表で徹底比較!<どっちの性能が良い?>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_テスコム vs panasonic

日本メーカーのドライヤーで高品質な製品と言えば、「テスコム」と「パナソニック」が有名です。

ただ、どちらのドライヤーの性能が良いか、わかりづらいかと思います。

そこで今回は、「テスコム」と「パナソニック」のドライヤーを、分かりやすく比較表(価格帯別)で性能比較をしています。

「テスコム」と「パナソニック」どちらのドライヤーにするか迷っている方に、本記事が役に立ちましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「テスコム」と「パナソニック」どちらのドライヤーを購入するか迷っている方
  • 「テスコム」と「パナソニック」のドライヤーを比較表で確認したい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「テスコム」と「パナソニック」どちらのドライヤーを購入するか迷っている方
  • 「テスコム」と「パナソニック」のドライヤーを比較表で確認したい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(テスコムとパナソニック どっちのドライヤーが良い?)

結論、低価格帯は「テスコム」、高価格帯は「パナソニック」の性能が優れています。

「テスコム」は低価格ながら大風量のモデルを販売しています。

更に、大風量のまま冷風を使用できる製品があるため、予算を抑えて高性能な製品が良い場合は「テスコム」がおすすめです。

ただ、高価格帯になると「Panasonic」に髪を労わる機能が多数つくため「Panasonic」の性能が優れています。

製品毎の詳細は、後述の比較表で比較していますので、そちらを見てご検討ください。

ドライヤーの比較12選(テスコム・パナソニック)

「テスコム」と「パナソニック」で、ホームページに掲載しているドライヤーを、以下3つの価格帯別で比較していきます。

ドライヤーは製品数が多いため、2021年以降発売の製品に絞っています。

性能を数字で見て比較することは非常に重要なため、是非、比較表を参考にご活用ください。

  1. 比較表(~4万円)【ハイエンドモデル】
  2. 比較表(~1万5千円)【ミドルレンジモデル】
  3. 比較表(~5千円) 【エントリーモデル】
  1. 比較表(~4万円)【ハイエンド】
  2. 比較表(~1万5千円)【ミドルレンジ】
  3. 比較表(~5千円) 【エントリー】

比較表(~4万円)【ハイエンド】

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月17日時点

2.2021年以降発売のドライヤーが対象

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月17日時点

2.2021年以降発売のドライヤーが対象

※タップで比較表をズーム

製品EH-NA0J
EH-NA0J
出典:Panasonic
EH-NA0G
EH-NA0G
出典:Panasonic
TD770A
TD770A
出典:TESCOM
NIB500A
NIB500A
出典:TESCOM
ランキングランキング1位ランキング1位ランキング3位ランキング4位
相対評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
ブランドPanasonicPanasonicTESCOMTESCOM
発売日2022年9月2021年9月2023年9月2022年5月
重さ(約)550g595g380g620g
スイッチ・風量3段階調整
・風温5段階調整
・SET-DRY-TURBO
・風温5段階調整
・風量4段階調整
・風温3段階調整
・COOL切替
・風量3段階調整
・風温3段階調整
風量・温度関連
風量(最大)1.6㎥/分1.5㎥/分非公表1.3㎥/分
風温(約)60℃ (SCALP)
95℃ (風量強)
60℃ (SCALP)
125℃ (DRY)
100℃ (風量強)120℃ (BOOST)
冷風切替
温冷自動切換
風温自動切換
髪を労わる効果
UVケア
退色抑制
その他
折りたたみ
搭載イオン高浸透ナノイー高浸透ナノイープロテクトイオンプロテクトイオン
評価(Amazon)
※24/4/17時点
星4.6
星4.6
星4.3
価格(約)
※24/4/17時点
35,500円28,200円16,300円17,800円
詳細







テスコム パナソニック ドライヤー 比較(~4万円)
【テスコムvsパナ】ヘアドライヤー(比較表)_ハイエンド_Ve4
a詳細
テスコム パナソニック ドライヤー 比較(~4万円)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

比較表(~1万5千円)【ミドルレンジ】

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月17日時点

2.2021年以降発売のドライヤーが対象

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月17日時点

2.2021年以降発売のドライヤーが対象

※タップで比較表をズーム

製品TD670A
TD670A
出典:TESCOM
TD570A
TD570A
出典:TESCOM
EH-NE7L
EH-NE7L
出典:Panasonic
EH-NA2K
EH-NA2K
出典:Panasonic
ランキングランキング1位ランキング1位ランキング1位ランキング4位
相対評価
(○-△の数)
星3.0
評価星3
星3.0
評価星3
星3.0
評価星3
星1.0
評価星1
ブランドTESCOMTESCOMPanasonicPanasonic
発売日2023年10月2024年2月2023年11月2023年9月
重さ(約)520g455g550g475g
スイッチ風量3段階調整
HOT-AUTO-COOL
SET-DRY-TURBO
COOL切替
COOL-CARE-TURBOCOLD-SET-TURBO
風量・温度関連
風量(最大)2.5㎥/分2.3㎥/分1.6㎥/分1.3㎥/分
風温(約)95℃ (DRY)100℃ (DRY)90℃ (TURBO)110℃ (TURBO)
冷風切替
温冷自動切換
スカルプモード
髪を労わる効果
UVケア
退色抑制
その他
折りたたみ
搭載イオンプロテクトイオンプロテクトイオンミネラル
マイナスイオン
ナノイー
評価(Amazon)
※24/4/17時点
星4.7
星4.2
星4.3
価格(約)
※24/4/17時点
8,500円7,000円6,600円11,200円
詳細







テスコム パナソニック ドライヤー 比較(~1万5千円)
【テスコムvsパナ】ヘアドライヤー(比較表)_ミドルレンジ_Ver5
a詳細
テスコム パナソニック ドライヤー 比較(~1万5千円)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

比較表(~5千円)【エントリー】

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月17日時点

2.2021年以降発売のドライヤーが対象

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2024年4月17日時点

2.2021年以降発売のドライヤーが対象

※タップで比較表をズーム

製品TID2400
TID2400B
出典:TESCOM
TD465A
TD465A
出典:TESCOM
EH-NE5J
EH-NE5J
出典:Panasonic
EH-NE4J
EH-NE4J
出典:Panasonic
ランキングランキング1位ランキング1位ランキング3位ランキング4位
相対評価
(○-△の数)
星3.0
評価星3
星3.0
評価星3
星1.0
評価星1
星0.0
評価星0
ブランドTESCOMTESCOMPanasonicPanasonic
発売日2022年11月2024年2月2022年11月2023年3月
重さ(約)520g490g475g485g
スイッチSET-DRY-TURBO
COOL切替
SET-DRY-TURBO
HIGH-LOW
COOL切替
COLD-DRY-TURBOCOLD-DRY-TURBO
風量・温度関連
風量(最大)2.3㎥/分1.9㎥/分1.9㎥/分1.6㎥/分
風温(約)100℃ (DRY)100℃ (DRY)85℃ (TURBO)
100℃ (DRY)
80℃ (TURBO)
100℃ (DRY)
冷風切替
温冷自動切換
髪を労わる効果
UVケア
退色抑制
その他
折りたたみ
搭載イオンプロテクトイオンマイナスイオンマイナスイオンマイナスイオン
評価(Amazon)
※24/4/17時点
星4.5
星4.3
星4.2
価格(約)
※24/4/17時点
3,900円4,400円4,500円3,000円
詳細







テスコム パナソニック ドライヤー 比較(~5千円)
【テスコムvsパナ】ヘアドライヤー(比較表)_エントリー_Ver5
a詳細
テスコム パナソニック ドライヤー 比較(~5千円)

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください

会社の比較(テスコム・パナソニック)

参考に「テスコム」と「パナソニック」の企業情報を比較していきます。

「パナソニック」は、言わずと知れた有名企業ですが、家電だけの売上を見ると家電メーカーではトップです。(2位:ソニー、3位:三菱電機)

「テスコム」も創業から50年以上たつ老舗企業で、ドライヤー技術はトップクラスで、マイナスイオン機能を付けた先駆けと言われています。

テスコム項目パナソニック
テスコム電機株式会社会社名パナソニック株式会社
1971年創業1918年
100億円売上高(22年度)8兆3789億円
・ヘアアイロン
・フードプロセッサー
・ミキサー など
製品(例)・電子レンジ
・エアコン
・冷蔵庫 など
テスコム・パナソニック会社比較
テスコム項目 パナソニック 
テスコム電機
株式会社
会社名パナソニック
株式会社
1971年創業1918年
100億円売上高
(22年度)
8兆3789億円
・ヘアアイロン
・フードプロセッサ
・ミキサー など
製品(例)・電子レンジ
・エアコン
・冷蔵庫 など
テスコム・パナソニック会社比較

まとめ

今回は、おすすめの「テスコム」と「パナソニック」のドライヤーの性能を比較してランキング形式にしました!

結論、製品毎に違いはあるものの、低価格帯では「テスコム」、高価格帯では「パナソニック」の性能が優れています。

主要メーカーを比較した総合ランキングは、以下リンクから確認できますので、興味のある方はリンクを参照ください。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_テスコム vs panasonic

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次