MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【比較表】SwitchBotロックとProの違いを徹底比較!<どっちがおすすめ?>

記事内にプロモーションを含む場合がありますが、コンテンツは全て中立性を保っております。
アイキャッチ画像_スイッチボットプロ比較

SwitchBot(スイッチボット)は「SwitchBot ロック」の後継である「SwitchBot ロック Pro」を2023年12月27日に発売しました。

そこで今回は、SwitchBotのスマートロック「SwitchBot ロック」と「SwitchBot ロック Pro」の違い(外形、性能など)を比較表で比較していきます。

本記事で「SwitchBot ロック」と「SwitchBot ロック Pro」の違いが明確になりましたら幸いです。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「SwitchBot ロック」とSwitchBot ロック Pro」どちらを購入するか迷っている方
  • 「SwitchBot ロック」と「SwitchBot ロック Pro」の違いを比較表で確認したい方
本記事は以下のような人におすすめ!
  • 「SwitchBot ロック」とSwitchBot ロック Pro」どちらを購入するか迷っている方
  • 「SwitchBot ロック」と「SwitchBot ロック Pro」の違いを比較表で確認したい方
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

結論(SwitchBot ロックとProの違い)

結論、「SwitchBot ロック」と「SwitchBot ロック Pro」の大きな違いは、以下表の6点です。

大きく改良された点は「バッテリー性能」と「施解錠の利便性」の向上です。

公式ホームページには、解錠方法の種類も強調されていますが、解錠方法は種類は「SwitchBot ロック」と変わりません。

違いの分かりづらい「ワンタッチ施解錠」と「微電流解錠」については、内容を後述しています。

SwitchBot ロック項目SwitchBot ロック Pro
SwitchBot_ロック
SwitchBot ロック
出典:SwitchBot
SwitchBot_ロック_Pro
SwitchBot ロック Pro
出典:SwitchBot
外形
プラスチック材質アルミニウム
一部不可対応している鍵形状ほぼ全て(99%以上)
バッテリー
CR123A
(価格が高い)
電池単三電池
(価格が安い)
180日電池寿命(最大)270日
施解錠
なしワンタッチ施解錠あり
なし微電流解錠あり
その他
10,200円価格(約)
※24/2/13時点
15,980円


詳細

‎SwitchBot ロックとProの違い・比較
SwitchBot
ロック
項目SwitchBot
ロック Pro
SwitchBot_ロック
SwitchBot
ロック

出典:SwitchBot
SwitchBot_ロック_Pro
SwitchBot
ロック Pro

出典:SwitchBot
外形
プラスチック材質アルミニウム
一部不可対応する鍵形状ほぼ全て(99%以上)
バッテリー
CR123A
(価格が高い)
電池単三電池
(価格が安い)
180日電池寿命(最大)270日
施解錠
なしワンタッチ施解錠あり
なし微電流解錠あり
その他
10,200円価格(約)
※24/2/13時点
15,980円


詳細

‎SwitchBot ロックとProの違い・比較

「SwitchBot ロック Pro」施解錠の改良点・違い(補足)

「SwitchBot ロック Pro」の改良点で分かりづらい「ワンタッチ施解錠」と「微電流解錠」について補足します。

【違い/補足①】ワンタッチ施解錠

SwitchBot ロック Pro_ワンタッチ施解錠

画像引用元:SwitchBot

ワンタッチ施解錠とは、今まで家の中から鍵のつまみを回して解錠していたところを、ワンタッチで開閉できるようになる機能です。

開閉の手間が少なくなることは勿論、今までアプリ上で操作が必要だった「オートロックの一時停止」もボタン一つでできてしまいます。

【違い/補足②】微電流解錠

微電流解錠とは、電池残量が不足している場合でも、30秒間だけ応急で鍵を解錠できる機能です。

電池残量の低下通知は、アプリやメールでお知らせが通知されてるのですが、それでも電池交換を忘れてしまった場合、最悪の事態を防ぐことができます。

「SwitchBot ロック」と「Pro」の違い・比較(本体+指紋認証パッド)

結論で述べたように、SwitchBot ロックとProの解錠方法の種類に違いはありません。

指紋認証パッドは同じのため、スマートロック本体と指紋認証パッドのセットは、本体の価格差分4千円程度になります。

SwitchBot ロック
+指紋認証パッド
項目SwitchBot ロック Pro
+指紋認証パッド
SwitchBot-lock-pad
SwitchBot ロック
+指紋認証パッド
出典:SwitchBot
SwitchBot_ロック_Pro+キーパッド
SwitchBot ロック Pro
+指紋認証パッド

出典:SwitchBot
解錠方法
ハンズフリー
スマホアプリ
AppleWatch
パスコード
指紋認証
専用カード
その他
18,980円価格(約)
※24/2/13時点
22,980円


詳細

‎SwitchBot ロックとProの違い(本体+指紋認証パッド)
ロック
指紋認証パッド
項目ロック Pro
指紋認証パッド
SwitchBot-lock-pad
ロック+
指紋認証パッド

出典:SwitchBot
SwitchBot_ロック_Pro+キーパッド
ロック Pro+
指紋認証パッド

出典:SwitchBot
解錠方法
ハンズフリー
スマホアプリ
AppleWatch
パスコード
指紋認証
専用カード
その他
18,980円価格(約)
※24/2/13時点
22,980円


詳細

‎SwitchBot ロックとProの違い(本体+指紋認証パッド)

「SwitchBot ロック Pro」はキーパッドと併せて購入がおすすめ

「SwitchBot ロック Pro」のオートロック機能は便利ですが、スマートロック本体のみだと、解錠方法の種類が豊富ではありません。

キーパッドを併せることで、利便性が格段に向上します。

SwitchBotのスマートロックは、ハンズフリー解錠機能がありませんが、ハンズフリー解錠は上手く作動しないことのある機能なので、個人的には不要だと思っています。

ハンズフリー解錠よりも、手ぶらで確実に解錠できる、指紋認証の付いたキーパッドがおすすめです。

SwitchBot ロック Pro項目SwitchBot ロック Pro
+指紋認証パッド
SwitchBot_ロック_Pro
SwitchBot ロック Pro
出典:SwitchBot
SwitchBot_ロック_Pro+キーパッド
SwitchBot ロック Pro
+指紋認証パッド

出典:SwitchBot
解錠方法
ハンズフリー
スマホアプリ
AppleWatch
パスコード
指紋認証
専用カード
その他
15,980円価格(約)
※24/2/13時点
22,980円


詳細

解錠方法の違い・比較(Pro・指紋認証パッド)
ロック Pro項目ロック Pro
指紋認証パッド
SwitchBot_ロック_Pro
ロック Pro
出典:SwitchBot
SwitchBot_ロック_Pro+キーパッド
ロック Pro+
指紋認証パッド

出典:SwitchBot
解錠方法
ハンズフリー
スマホアプリ
AppleWatch
パスコード
指紋認証
専用カード
その他
15,980円価格(約)
※24/2/13時点
22,980円


詳細

解錠方法の違い・比較(Pro・指紋認証パッド)

まとめ

今回は、「SwitchBot ロック」と「SwitchBot ロック Pro」の違いを比較しました!

「SwitchBot ロック Pro」になり、材質の高級感・バッテリー・施解錠の利便性が向上しました。

「SwitchBot ロック Pro」になっても解錠方法の種類など、根本的な性能は変わっていないため、その点はご注意ください。

また、「SwitchBot」は他の家電と連携して、自動起動や遠隔操作が可能となるので、今後家をスマートホーム化したい方には非常におすすめです。

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

関連記事

アイキャッチ画像_スイッチボットプロ比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次