MENU
Category
電子レンジのアイコン
調理・キッチン家電
季節家電のアイコン
季節家電
美容・健康家電のアイコン
美容・健康家電
幼児家電のアイコン
幼児家電
スマート家電のアイコン
スマート家電
アウトドア家電
アウトドア家電

【ランキング10選】ベビーモニターの性能を比較表で徹底比較!<おすすめ製品>

ベビーモニターのアイキャッチ画像

ベビーモニターとは、離れた場所で家事などをしていても、映像と音声で赤ちゃんが確認できる製品です。

乳幼児の窒息事故は、1年間で50~100件程度(その内9割は1歳以下)おきています。

やることの多い昨今では、ベビーモニターは必須の製品と言っても過言ではありません。

今回は、2023年9月時点で各メーカーのベビーモニターの性能を数値や機能で比較し、比較表でランキング形式(価格帯別)にしています。

デザインなど、性能や機能で測れない箇所もありますが、性能の数値比較は大きな指標となりますので、ベビーモニター選びの参考にして頂ければと思います。

本記事は以下のような人におすすめ!
  • 各メーカーのベビーモニターの性能を数値で比較がしたい
  • おすすめのベビーモニターを知りたい
本記事は以下のような人におすすめ!
  • ベビーモニターの性能を比較がしたい
  • おすすめのベビーモニターを知りたい
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
この記事を書いた人
プロフィールアイコン
宮っ子
  • 家電性能の数値比較サイト「家電比較EYE㋱」運営者
  • 家電好きのシステムエンジニア
  • 製品を購入する際は性能を徹底的に比較する性分
  • 家電製品アドバイザー」資格保有
目次

ベビーモニターの種類

ベビーモニターは、映像を確認できるもので3種類のタイプがあります。

大きな違いは、「モニターの有無」と「外出先で映像確認ができるか」の2点です。

モニターが付帯していない「スマホタイプ」の製品はスマホかタブレットで確認する必要があります。タブレットがある方は、モニター替わりとして置いておくことで代用も可能です。

スマホ対応タイプは外出先で映像を確認できますが、モニターのみのタイプでは確認できません。

YISSVIC-_BabyMonitor
モニタータイプ
出典:Amazon
Cubo_Ai-_BabyMonitor
スマホタイプ
出典:Amazon
Tribute_BM_DW01
モニター+スマホ
出典:Amazon
価格
常設モニター
画素数
機能性
外出先確認
ベビーモニターの種類
YISSVIC-_BabyMonitor
モニタータイプ
出典:Amazon
Cubo_Ai-_BabyMonitor
スマホタイプ
出典:Amazon

Tribute_BM_DW01
モニター+
スマホ
出典:Amazon
価格
常設モニター
画素数
機能性
外出先確認
ベビーモニターの種類

おすすめのベビーモニター10選(比較表・ランキング)

まず最初に結論(比較表・ランキング)です。

エントリーモデル(1万円未満)とハイエンドモデル(1万円以上)に分けて、比較表とランキングを作成しています。

ベビーモニターの概要や選び方は次章以降に記載していますので、必要に応じてご覧ください。

エントリーモデルとハイエンドモデルの違い

エントリーモデル(1万円未満)とハイエンドモデル(1万円以上)との大きな違いは機能数です。

「動作検知」や「室温検知」などの機能が、エントリーモデルには無い製品もあります。

ただ、ベビーモニターとしての基本機能(音声検知、暗視機能など)はほとんど揃っているため、必要以上に機能が必要ない方は、エントリーモデルで十分です。

エントリーモデル項目ハイエンドモデル
カメラ性能
基本機能
(暗視機能など)
検知機能
(動作検知など)
価格
エントリーモデルとハイエンドモデルの違い
エントリーモデル項目ハイエンドモデル
カメラ性能
基本機能
(暗視機能 等)
検知機能
(動作検知 等)
価格
エントリーモデルとハイエンドモデルの違い

選び方(1万円未満)

モニターの有り無しで選び方が異なります。

モニター無しではAnkerの「Eufy Indoor Cam 2K Pan & Tilt」モニター有りではTributeの「BM-GP1A」がおすすめです。

製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい(モニターなし)⇒ Anker、SwitchBot
    • Anker:カメラが高性能、必要な検知機能も十分
    • SwitchBot:スマートスピーカーで操作が可能、音声検知がない点がマイナス
  • 家内のみで様子を確認する(モニターあり)⇒ Tribute、YISSVIC
    • Tribute:ベビーモニターで実績のあるメーカー
    • YISSVIC:基本的な機能があり、モニター付きの他製品よりも安価
製品の選び方
  • 外出先で様子を確認したい(モニターなし)⇒ Anker、SwitchBot
  • 家内のみで様子を確認する(モニターあり)⇒ Tribute、YISSVIC

比較表(1万円未満)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

3.比較表に存在しない製品はランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外

3.比較表に存在しない製品はランキング外

※タップで比較表をズーム

製品Eufy_Indoor_Cam_2K_Pan
Eufy Indoor Cam
2K Pan & Tilt
出典:Anker
SwitchBot_見守りカメラ_3MP
SwitchBot
見守りカメラ 3MP
出典:SwitchBot
BM-GP1A
BM-GP1A
出典:Tribute
BM-ER03
BM-ER03
出典:Tribute
YISSVIC-_BabyMonitor
YISSVIC ベビーモニター
出典:YISSVIC
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング3位ランキング4位ランキング5位
総合評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星0.0
評価星0
メーカーAnkerSwitchBotTributeTributeYISSVIC
発売日2020年10月2022年7月2020年12月2021年4月
確認可能機器スマホ/タブレットスマホ/タブレットモニターモニターモニター
確認可能場所屋内/屋外屋内/屋外屋内屋内屋内
モニター・カメラ関連
モニターサイズモニターなしモニターなし4.3インチ2.7インチ3.2インチ
カメラ解像度(約)200万画素300万画素30万画素30万画素非公表
画角
(カメラで映る範囲)
125°100°50°40°非公表
カメラ遠隔操作 ✔
検知機能
音声検知
動作検知
室温検知
その他機能
音声会話
暗視機能
動画保存
スマートスピーカー
連動
評価(Amazon)
※23/9/3 時点
星4.3
星4.0
星4.5
星4.6
星4.3
価格(約)
※23/9/3 時点
5,990円4,980円9,900円8,480円8,400円
詳細





比較表(1万円未満)[エントリーモデル]
【メイン】ベビーモニター(比較表)_エントリーモデル_Ver3

a詳細あああa

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

ランキング(1万円未満)

選び方(1万円以上)

エントリーモデルと同様に、モニターの有り無しで選び方が異なります。

製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい ⇒ Cubo Ai、Tribute(BM-DW01)
    • Cubo Ai:危険察知機能が満載の最先端ベビーモニター
    • BM-DW01:モニターとスマホどちらでも確認できるのはこの製品のみ
  • 家内のみで様子を確認する⇒babysense、Tribute(BM-LTL2)、Panasonic
    • babysense:5.0インチの大画面モニター
    • BM-LTL2、Panasonic:モニター付で、動作検知/追跡ができる数少ない製品
製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい ⇒ Cubo Ai、Tribute(BM-DW01)
  • 家内のみで様子を確認する⇒babysense、Tribute(BM-LTL2)、Panasonic

比較表(1万円以上)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

3.比較表に存在しない製品はランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外

3.比較表に存在しない製品はランキング外

製品Cubo_Ai-_BabyMonitor
Cubo Ai ベビーモニター
出典:Cubo Ai
Tribute_BM_DW01
BM-DW01
出典:Tribute
ベビーセンス_HDS2
HDS2
出典:babysense
BM-LTL2
BM-LTL2
出典:Tribute
KX-HC705
KX-HC705
出典:Panasonic
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング3位ランキング4位ランキング4位
総合評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
メーカーYun Yun AI Baby CameraTributebabysenseTributePanasonic
発売日2021年3月2020年5月2022年9月2018年7月2019年5月
確認可能機器スマホ/タブレットモニター
スマホ/タブレット
モニターモニターモニター
確認可能場所屋内/屋外屋内/屋外屋内屋内屋内
モニター・カメラ関連
モニターサイズ モニターなし4.3インチ5.0インチ3.5インチ3.5インチ
カメラ解像度(約) 200万画素92万画素92万画素23万画素30万画素
画角
(カメラで映る範囲)
135°60°非公表60°37°
カメラ遠隔操作
検知機能
音声検知
動作検知
室温検知
その他機能
音声会話
暗視機能
動画保存
スマートスピーカー
連動
評価(Amazon)
※23/9/3 時点
星4.5
星4.2
星4.8
星4.4
星4.5
価格(約)
※23/9/3 時点
35,800円22,000円20,000円15,500円17,500円
詳細

比較表 10,001円~(ハイエンドモデル)
【メイン】ベビーモニター(比較表)_ハイエンドモデル_Ver1

a詳細あああa

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

ランキング(1万円以上)

おすすめのベビーモニター使用方法

ベビーモニター_挿入画像_2

おすすめするベビーモニターの組み合わせは「スマホ対応のベビーモニターでタブレットに映像を投影する」方法です。

ベビーモニターが付帯している製品も便利ではあるのですが、スマホ対応の製品と比較すると、画面が小さく、高画質な製品が少ない点がデメリットです。

ただ、タブレットを別途購入する必要があり、やや面倒ではあるので、既にタブレットを持っている方などは、この方法がおすすめです。

ベビーモニター選びのポイント

ベビーモニター選びのポイントは以下5点が重要です。

購入する目的にもよりますが、選定時は以下の項目を中心にご確認ください。

特に「④ 検知機能」は非常に大事な機能です。 実際に使用してみると、モニターをずっと見ていられるタイミングはほとんどなく、音声検知や動作検知のアラーム音で気付くことがほとんどです。

そのため、検知機能が揃っている製品をおすすめします。

ベビーモニター選定ポイント
  1. モニターの有無
    • スマホやタブレットからの確認で問題ないか
  2. 屋外からの確認
    • 家の外から映像を確認する必要があるか
  3. カメラの性能
    • カメラの解像度や画角の性能、遠隔操作が可能か
  4. 検知機能
    • 音声検知、動作検知、室温検知機能が搭載されているか
  5. その他機能
    • 動画保存やスマートスピーカー連動機能などの有無
ベビーモニター選定ポイント
  1. モニターの有無
    • スマホやタブレットからの確認で問題ないか
  2. 屋外からの確認
    • 家の外から映像を確認する必要があるか
  3. カメラの性能
    • カメラの解像度や画角の性能、遠隔操作が可能か
  4. 検知機能
    • 音声検知、動作検知機能などが搭載されているか
  5. その他機能
    • 動画保存やスマートスピーカー連動 などの有無

比較対象メーカー

比較対象は、ベビーモニターの販売シェアを大きく占める7つのメーカーを比較します。

以下を抑えておけば、ベビーモニターの網羅はOKです。

以前は、ベビーモニターと言えば「Cubo Ai」「Tribute」「Panasonic」などが主流でした。

ただ最近は、「Anker」や「SwitchBot」など、赤ちゃん関連商品を主力としていないメーカーも安価で高性能な製品をだしています。

比較対象メーカー
  1. Yun Yun AI Baby Camera [台湾]
    • 高性能ベビーモニター「Cubo Ai」ブランドを展開
  2. Tribute(トリビュート)[日本]
    • ベビーモニターを主力として販売、ママタレントが愛用の製品多数
  3. Panasonic(パナソニック)[日本]
    • 様々な家電を発売する大手電機メーカー
  4. Anker(アンカー)[中国]
    • 世界100ヵ国以上で事業展開、総合デジタル機器メーカー
  5. SwitchBot(スイッチボット)[中国]
    • 家を丸ごとスマートホーム化できるSwitchBotブランド製品を展開
  6. babysense(ベビーセンス)[イスラエル]
    • 関連商品は、日本国内の医療・保育施設に累計10万台以上で導入実績のある企業
  7. YISSVIC [中国]
    • 安価で性能の良い製品を販売
比較対象メーカー
  1. Yun Yun AI Baby Camera [台湾]
    • 高性能ベビーモニター「Cubo Ai」ブランドを展開
  2. Tribute(トリビュート)[日本]
    • ベビーモニターを主力として販売、ママタレントが愛用の製品多数
  3. Panasonic(パナソニック) [日本]
    • 様々な家電を発売する大手電機メーカー
  4. Anker(アンカー)[中国]
    • 世界100ヵ国以上で事業展開、総合デジタル機器メーカー
  5. SwitchBot(スイッチボット)[中国]
    • 家を丸ごとスマートホーム化できるSwitchBotブランド製品を展開
  6. babysense(ベビーセンス)[イスラエル]
    • 関連商品は、日本国内の医療・保育施設に累計10万台以上で導入実績のある企業
  7. YISSVIC [中国]
    • 安価で性能の良い製品を販売

比較表・ランキング

おすすめのベビーモニター(ベビーカメラ)をエントリーモデル(1万円未満)とハイエンドモデル(1万円以上)に分けて、性能の違いを比較表にして、ランキングを作成しています。

※「おすすめのベビーモニター10選(比較表・ランキング)」と同じ内容です。

選び方(1万円未満)

モニターの有り無しで選び方が異なります。

モニター無しではAnkerの「Eufy Indoor Cam 2K Pan & Tilt」モニター有りではTributeの「BM-GP1A」がおすすめです。

製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい(モニターなし)⇒ Anker、SwitchBot
    • Anker:カメラが高性能、必要な検知機能も十分
    • SwitchBot:スマートスピーカーで操作したい方はこの製品、音声検知がない点がマイナス
  • 家内のみで様子を確認する(モニターあり)⇒ Tribute、YISSVIC
    • Tribute:ベビーモニターで実績のあるメーカーなので安心
    • YISSVIC:基本的な機能があり、モニター付きの他製品よりも安価
製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい(モニターなし)⇒ Anker、SwitchBot
  • 家内のみで様子を確認する(モニターあり)⇒ Tribute、YISSVIC

比較表(1万円未満)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

3.比較表に存在しない製品はランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外

3.比較表に存在しない製品はランキング外

※タップで比較表をズーム

製品Eufy_Indoor_Cam_2K_Pan
Eufy Indoor Cam
2K Pan & Tilt
出典:Anker
SwitchBot_見守りカメラ_3MP
SwitchBot
見守りカメラ 3MP
出典:SwitchBot
BM-GP1A
BM-GP1A
出典:Tribute
BM-ER03
BM-ER03
出典:Tribute
YISSVIC-_BabyMonitor
YISSVIC ベビーモニター
出典:YISSVIC
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング3位ランキング4位ランキング5位
総合評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星0.0
評価星0
メーカーAnkerSwitchBotTributeTributeYISSVIC
発売日2020年10月2022年7月2020年12月2021年4月
確認可能機器スマホ/タブレットスマホ/タブレットモニターモニターモニター
確認可能場所屋内/屋外屋内/屋外屋内屋内屋内
モニター・カメラ関連
モニターサイズモニターなしモニターなし4.3インチ2.7インチ3.2インチ
カメラ解像度(約)200万画素300万画素30万画素30万画素非公表
画角
(カメラで映る範囲)
125°100°50°40°非公表
カメラ遠隔操作 ✔
検知機能
音声検知
動作検知
室温検知
その他機能
音声会話
暗視機能
動画保存
スマートスピーカー
連動
評価(Amazon)
※23/9/3 時点
星4.3
星4.0
星4.5
星4.6
星4.3
価格(約)
※23/9/3 時点
5,990円4,980円9,900円8,480円8,400円
詳細





比較表(1万円未満)[エントリーモデル]
【メイン】ベビーモニター(比較表)_エントリーモデル_Ver3

a詳細あああa

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

ランキング(1万円未満)

選び方(1万円以上)

エントリーモデルと同様に、モニターの有り無しで選び方が異なります。

製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい ⇒ Cubo Ai、Tribute(BM-DW01)
    • Cubo Ai:危険察知機能が満載の最先端ベビーモニター
    • BM-DW01:モニターとスマホどちらでも確認できるのはこの製品のみ
  • 家内のみで様子を確認する⇒babysense、Tribute(BM-LTL2)、Panasonic
    • babysense:5.0インチの大画面モニター
    • BM-LTL2、Panasonic:モニター付で、動作検知/追跡ができる数少ない製品
製品の選び方と特徴
  • 外出先で様子を確認したい ⇒ Cubo Ai、Tribute(BM-DW01)
  • 家内のみで様子を確認する⇒babysense、Tribute(BM-LTL2)、Panasonic

比較表(1万円以上)

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外(メーカーHPにある製品が対象)

3.比較表に存在しない製品はランキング外

比較表の前提

1.価格、評価(Amazon)は2023年9月3日時点の情報

2.生産終了品は対象外

3.比較表に存在しない製品はランキング外

製品Cubo_Ai-_BabyMonitor
Cubo Ai ベビーモニター
出典:Cubo Ai
Tribute_BM_DW01
BM-DW01
出典:Tribute
ベビーセンス_HDS2
HDS2
出典:babysense
BM-LTL2
BM-LTL2
出典:Tribute
KX-HC705
KX-HC705
出典:Panasonic
ランキングランキング1位ランキング2位ランキング3位ランキング4位ランキング4位
総合評価
(○-△の数)
星4.0
評価星4
星3.0
評価星3
星2.0
評価星2
星1.0
評価星1
星1.0
評価星1
メーカーYun Yun AI Baby CameraTributebabysenseTributePanasonic
発売日2021年3月2020年5月2022年9月2018年7月2019年5月
確認可能機器スマホ/タブレットモニター
スマホ/タブレット
モニターモニターモニター
確認可能場所屋内/屋外屋内/屋外屋内屋内屋内
モニター・カメラ関連
モニターサイズ モニターなし4.3インチ5.0インチ3.5インチ3.5インチ
カメラ解像度(約) 200万画素92万画素92万画素23万画素30万画素
画角
(カメラで映る範囲)
135°60°非公表60°37°
カメラ遠隔操作
検知機能
音声検知
動作検知
室温検知
その他機能
音声会話
暗視機能
動画保存
スマートスピーカー
連動
評価(Amazon)
※23/9/3 時点
星4.5
星4.2
星4.8
星4.4
星4.5
価格(約)
※23/9/3 時点
35,800円22,000円20,000円15,500円17,500円
詳細

比較表 10,001円~(ハイエンドモデル)
【メイン】ベビーモニター(比較表)_ハイエンドモデル_Ver1

a詳細あああa

※ 詳細な商品情報については、各メーカーの公式サイト等でご確認ください。

ランキング(1万円以上)

まとめ

今回は、おすすめのベビーモニター(ベビーカメラ)の性能を比較して価格別でランキング形式にしました!

迷った場合は「Cubo Ai Plus」「Tribute」「Anker」の製品を選べば間違いありません。

個人的には、モニター無しの製品はカメラ性能が良いため、タブレットを購入してモニター替わりにする方法がオススメです。

タブレットはモニターよりも画面サイズが大きく、1万以下で買える製品も多いので、大画面かつ高画質で赤ちゃんの様子を確認したい方は、是非この方法を試してみてください!

本記事が皆さんの参考になれば幸いです。

ベビーモニターのアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次